エンタメ

バイデンの来日のホテルは東京のどこか確定!部屋の値段はいくら?

バイデンの来日のホテルは東京のどこか確定!部屋の値段はいくら?

Pocket

バイデン大統領がついに来日します!

ニュースを見てると2泊3日の滞在なのでホテルはどこにするのか、やっぱり東京なのか気になりました。

世界一の大国のアメリカ大統領が宿泊する部屋の値段もいくらなのか、想像してしまいます!

だから、バイデン大統領が来日したら東京のどこのホテルに宿泊するのか徹底調査してみました。

そして徹底調査の結果、バイデン大統領の部屋の値段がいくらになるのかもわかりました!

ホテルがどこなのか根拠もあり、ほぼ確定したと言って良い情報を、詳しくご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!


バイデンの来日のホテルは東京のどこか確定!

バイデン大統領の来日時の宿泊先はホテルオークラに確定したようです!

その根拠は、政府要人一行の来日に関するお知らせが、ホテルオークラの公式ホームページにあります!

ホテルオークラがバイデン大統領の宿泊先のホテルでほぼ確定なのは、他のホテルには、政府要人一行についてのお知らせがないからです。

決定的な根拠はこれです!

  • ホテルオークラの館内、周辺道路で政府要人一行の来日に際し特別警戒が実施される
  • 特別警戒の期間がバイデン大統領の来日の日程で同じで一致する

バイデン大統領の日程と、特別警戒についてこれだけ一致するので宿泊先の確定の根拠と言えます。

バイデン大統領が宿泊するホテルは、ホテルオークラにほぼ確定できるのはなぜか理由と根拠を解説しました。

しかし、バイデン大統領がどこのホテルに宿泊するのかはまだ完全に確定していません!

ホテルオークラの公式ホームページのお知らせにある政府要人一行が、バイデン大統領ではないかもしれないからです。

バイデン大統領の来日の裏で、別の政府要人(アメリカほど影響力のない国の要人)が宿泊する可能性もあります。

そこでホテルオークラの他にも、バイデン大統領の宿泊先のホテルになる候補をご紹介します!

バイデン大統領の来日時のホテルはどこになるのか、5つの宿泊先の候補はこうです。

  • 迎賓館赤坂離宮
  • 帝国ホテル東京
  • オークラプレステージタワー
  • ホテルニューオータニ東京ザ・メイン
  • パレスホテル東京

それでは早速、それぞれのホテルの場所をご紹介していきます!

迎賓館赤坂離宮

  • 場所:〒107-0051 東京都港区元赤坂2-1-1
  • 電話番号:03-3478-1111

迎賓館赤坂離宮は一般の人が泊まれるホテルではありません。

海外の反応もかつては「東洋一の宮殿」と言われたほどで、内装も外装も豪華で美しい建物になています。

世界の国王や大統領など国賓(日本国が正式に迎える客)をもてなしたり、国賓が宿泊する場所です。

かつては大正天皇、昭和天皇、平成天皇の住まいになっていたこともあります。

現在は日本政府(内閣府)が管理するな国宝です。

一般人は宿泊することはできませんが、見学することはできますが事前に、電話で問い合わせが必要です。

帝国ホテル東京

  • 場所:〒100-8558東京都千代田区内幸町1-1-1
  • 電話番号:03-3504-1111

帝国ホテルも海外の国賓をもてなす迎賓館として開業しています。

ホテルの開業は1890年と迎賓館赤坂離宮(1968年)よりも国賓を迎える迎賓館としての歴史は古く歴史があります。

過去にはトランプ大統領(2019年)、フランス大統領(1987年)などが宿泊しています。

オークラプレステージタワー

  • 場所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目10−4
  • 電話番号:03-3582-0111

バイデン大統領のホテルは、ホテルオークラにほぼ確定していますが、ホテルオークラの中でもオークラプレステージタワーになる可能性があります!

岸田首相はバイデン大統領との八芳園(東京都白金台)での会食で、和食を振る舞うなど、日本の伝統でおもてなしをしています。

ホテルオークラのホテルの中でも自然と伝統を感じることのできるホテルとしてのブランドイメージをオークラプレステージタワーは担っています。

ホテル開業から60年以上の歴史があるホテルとして、国内ならず海外にもファンがいます。

実際に、東日本ホテルではランキング1位(2021年)にもなる実力です。

受賞したのは「コンデナスト・トラベラーズ・チョイス・アワード」で、世界中のホテルをランク付けしています。

実は、伝統あるホテルオークラにはオバマ大統領(2014年)も宿泊しているんです。

他にもトランプ大統領の来日時(2019年)も、宿泊先のホテル候補の筆頭になってますが、改修中で別のホテル(帝国ホテル東京)に決まっています。

2021年には東京オリンピック開催中に、IOCのバッハ会長がバーを貸し切って宿泊しています。

迎賓館赤坂離宮、帝国ホテル東京と並ぶ歴史と伝統をもつのがホテルオークラです。

ホテルオークラのホテルの中でも、自然と伝統をコンセプトにしたオークラプレステージタワーは、バイデン大統領のホテル候補として申し分ないと言えます。

ホテルニューオータニ東京ザ・メイン

  • 場所:〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1 
  • 電話番号:03-3265-1111

ホテルニューオータニ東京は、帝国ホテル東京、ホテルオークラ東京とならび、元祖「ホテル御三家」と言われるブランドです。

ホテルニューオータニ東京のなかでも、ニューオータニ東京ザ・メインは、全てが高品質じゃ”癒しのホテル”になっています。

つまり全てが最高品質まので、おもてなし、食事、もちろん部屋にいたるまで、「ホテル御三家」クラスの最高品質なのです。

ホテルニューオータニは外交や政治家の要人の御用達にもなっています。

パレスホテル東京

  • 場所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-1-1
  • 電話番号:03-3211-5211

パレスホテルは迎賓館赤坂離宮や帝国ホテル東京と比べると、ホテルが始まって歴が浅くまだ10年です。

ですが外部の評価会社の評価が高いことで有名です。

  • ミシュラン:四つ星(2018年)
  • フォーブス・トラベルガイド:ホテル部門五つ星(2016-2019年)

ホテル開業後たった10年でこれだけの外部評価を得ているのでおもてなしの実力がすごいのでしょう。

さらにトランプ大統領も来日時(2019年)に宿泊してるんです。

セキュリティー重視の設計がされているのもバイデン大統領のホテルとしてはポイント高いと言えます。

伝統と歴史のあるホテルか、新進気鋭のホテルか?バイデン大統領のホテルの基準はどちらになるのか、楽しみです。

ここまで、バイデン大統領のホテルの候補を5つご紹介してきました。

迎賓館赤坂離宮やホテル御三家は歴史も伝統もあり、バイデン大統領が来日したら宿泊するホテルとして、必ず候補となる格別なホテルと言えます。

新進気鋭のパレスホテル東京にとっては、ホテル御三家に劣らず、バイデン大統領のホテルの候補に食い込めるのかがポイントになります。

いずれにしても、バイデン大統領のホテルは東京にある上記の4つの候補となるでしょう。

バイデン大統領の宿泊するホテルが東京なのはなぜ?

バイデン大統領が宿泊するのは、なぜ東京のホテルなのか?それは来日の日程が理由です。

バイデン大統領の日程はこうです。

5/2216:55 横田米軍基地に大統領専用機(エアフォース・ワン)で到着、来日
5/2310:00 皇居に訪問、天皇陛下を表敬
11:00 迎賓館で岸田首相と会談
13:30 迎賓館で日米外務2+2の閣僚記者会見に参加
16:15 六本木の泉ガーデンギャラリーでIPEF設立に関する記者会見
19:00 白金台の八芳園で岸田首相の歓迎夕食会
5/2410:20 首相官邸でQuad首脳会合に出席
夕方までに オーストラリア、インドの首相と会談
17:30 赤坂のアメリカ大使館で駐日大使と協議・会食
19:40 横田米軍基地を出発して離日

バイデン大統領が日本に到着、日本から出発する米軍横田基地(東京都福生市)を含めて、来日日程はすべて東京で完結します。

横田米軍基地以外はすべて、東京23区がバイデン大統領の来日の行動範囲なのです。

バイデン大統領の行動範囲、スケジュールの効率的な時間管理、警備体制すべてにおいて東京のホテルに宿泊するのが合理的だとわかります。


バイデンの来日のホテルは部屋の値段いくら?

バイデン大統領が来日して宿泊するホテルの部屋の値段はいったいいくらなのか、徹底調査しました!

バイデン大統領の宿泊するホテルの部屋の値段はこうです!


最高グレードの部屋の名前最高グレードの部屋の値段最高グレードの部屋の特徴
迎賓館赤坂離宮東の間? (非公開の部屋)非公開スペインのアルハンブラ宮殿にならった装飾がされている
帝国ホテル東京プレミアデラックススイート非公開面積:150㎡
ツインベッド:幅160cm×長さ205cm
オークラプレステージタワーインペリアルスイート非公開面積:730㎡(日本最大級)
バスルーム面積:150㎡
リビングエリアは2層(39階と40階)吹き抜け
エレベーターで2層を移動できる
ベッドルーム3つ
バスルーム2つ
サウナ・エクササイズルームあり
ゲストを迎える部屋がある
バーカウンターがある
(パーティーも可能)
会議室(10人までの会議室)がある
防音設備あり音楽の演奏も可能
ザ・メインホテルニューオータニ東京プレジデンシャルスイート43万円面積:150㎡
ベッド幅:140cm
パレスホテルパレススイート非公開面積:250㎡
18階にある部屋
ベッド:キングサイズ
セキュリティー重視の設計

徹底調査してわかったのは、ホテルの最高グレードの部屋の値段はいくらなのか、非公開にしていることです。

ザ・メインホテルニューオータニ東京は43万円と公開しています。

しかし、43万円は最高級のグレードの値段としては破格の安さと言えます。

なぜなら、パレスホテルの最高グレード「パレススイート」よりワンランク下の「テラススイート」を例に解説します。

パレスホテルで2番目のにグレードが高い「テラススイート」は50万円と公開されているからです。

さらに、オークラプレステージタワーのインペリアルスイートは300万円とも言われています。

値段だけではないでしょうが、バイデン大統領が宿泊するホテルホテルとしては、やはり43万円は破格の安さと言えます。

また、日本を代表する「ホテル御三家」やパレスホテルの最高級グレードの値段は、非公開にしているのは相手が要人だからでしょう。

最高級のグレードの部屋の宿泊費は、バイデン大統領やアメリカ政府のお金の流れに関わります。

宿泊費を非公開にすることで宿泊客のプライベートや、極秘情報の秘匿性を保証しているのだと考えられます。


まとめ

バイデンの来日のホテルは東京のどこ?部屋の値段はいくら?と題してご紹介してきました。

バイデン大統領の来日の日程も調べましたが、とても参考になりました!

ホテルの場所がどこなのか徹底調査した結果、候補も絞ったので具体的に理解できたのではないでしょうか。

なぜ東京なのかも納得できる内容になっていると思います。

部屋の名前なども調べましたが、値段がいくらなのか?ここはとっても機密事項だと理解もできました!

バイデン大統領の来日でホテルの職員さん、警備の方も大変でしょうが頑張っていただきたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました!