アニメ

ハロ嫁の安室の口パクのセリフはなんて言ってる?理由はなぜかも考察

ハロ嫁の安室の口パクのセリフはなんて言ってる?理由はなぜかも考察

名探偵コナンの劇場版(2022年)『ハロウインの花嫁(ハロ嫁)』の予告動画がずっと気になっていました。

なぜ安室はセリフを口パクにしてるの?なんて言ってるの?これが気になっていました。

映画が公開されたので最後まで見たら、考察もできて理由がわかったんです。

ハロ嫁を見てわかったのは安室の口パクのセリフは、ストーリー展開を紡いでいくために必要な仕掛けだったんです!

なんて言ってるのかわかると、その理由はなぜなのかも考察できたので、ぜひ最後までご覧ください!

ハロ嫁の安室の口パクのセリフはなんて言ってる?

安室透がハロ嫁の予告動画で口パクしていたセリフは「下で待っててくれ」です。

予告動画の口パクでは安室がなんて言ってるのか、唇の動きを何回見てもわかりませんでした。

でもハロ嫁の本編では、はっきり安室はセリフを声に出しています。

安室が口パクで「下で待っててくれ」とセリフを話しているシーンはこういうシーンです。

  • 場所:渋谷ヒカリエ
  • シーン:ハロ嫁のクライマックスシーン
  • 口パクシーンに関係するキャラ:コナン、安室、真犯人

安室はハロ嫁の予告動画で口パクで「下で待っててくれ」と台詞を言いながら、渋谷ヒカリエの屋上から飛び降ります。

なぜ、渋谷ヒカリエの屋上から飛び降りるのか?

それは、渋谷から逃亡しようとした真犯人が、渋谷ヒカリエの屋上からヘリに乗って逃亡しようとしたからです。

ヘリはすでに渋谷ヒカリエの屋上から飛び立ち、空を飛行していた。

安室は真犯人を逃さないという執念で、ヘリに飛び乗って真犯人を捕まえる決意で渋谷ヒカリエの屋上から飛び降りた。

ハロウィンの花嫁の安室が口パクのセリフに込めた祈りと願い

安室が口パクのセリフに込めた祈りと願いはこうです。

  • 祈り:真犯人を安室が命を落とさずに捕まえること
  • 願い:渋谷ヒカリエの下でコナンと再会すること

それでは、安室の祈りと願いを詳しく解説します。

予告動画では何て言ってるのか分からなかった「下で待っててくれ」は安室からコナンへの祈りを込めた依頼です。

安室が「下で待っててくれ」とコナンに話したのは、真犯人を捕まえるからコナンに渋谷ヒカリエの屋上から降りて下で待っててくれと話している。

渋谷ヒカリエの下で安室は3人が揃うことをコナンと約束しているんです。

  • 真犯人
  • 真犯人を捕まえた安室
  • コナン

この3人が渋谷ヒカリエの下で揃う。

口パク「下で待っててくれ」は、安室が渋谷ヒカリエの屋上から、真犯人がいるヘリに飛び移ろうとするとき。

安室が祈りを込めて「下で待っててくれ」と話したのは、願いが成就することを祈ってのこと。

安室が祈り、願ったのはこうです。

  • 真犯人を逃さない
  • ヘリで逃亡した真犯人を捕まえる
  • 真犯人を捕まえるにはヘリに確実に飛び乗る
  • 渋谷ヒカリエの屋上からヘリに飛び乗るのを失敗しない
  • コナンと真犯人を捕まえて再会する

口パクの「下で待っててくれ」のセリフに込められたのは、安室のこういう祈りと願いなのです。

なんて言ってるのかで止まらずに、セリフに込められた祈りと願いまでわかると、安室の口パクのセリフの意味を本当に理解できます。

ハロ嫁の安室が口パクする理由はなぜかも考察

ハロ嫁で安室のセリフ「下で待っててくれ」が口パクになってる理由はこう考察できます。

  • 予告動画にある諸伏景光(ヒロ)のセリフと口パクのセリフがかぶるから
  • 諸伏景光のセリフと口パクのセリフがかぶると予告動画でネタバレする可能性があるから
  • ネタバレするとハロ嫁の公開への期待に水を差すから

ハロ嫁が公開されるまで、ハロ嫁の映画本編でも口パクのままなのか、セリフがあるのか気になっていました。

実際にハロ嫁を見て思うことはそれは口パクにするよなって感想、口パクなのはなぜ?って思わなくなる。

口パクはなぜって思わないのは理由がわかったからです。

ハロ嫁の醍醐味は、仲間との信頼関係と言えます。

ハロ嫁に登場する重要なキャラは、コナンをはじめ、警察学校組のキャラ。

ハロ嫁の感動のポイントには、まず警察学校組の5人の信頼関係、連携プレーがあります。

警察学校組の5人はこのキャラです。

  • 安室透(降谷零)
  • 松田陣平
  • 萩原研二
  • 伊達航
  • 諸伏景光

この5人の信頼関係が、「#警察学校組尊」とTwitterのトレンドになるほど、ハロ嫁のストーリーで感動的なんです。

しかし、警察学校組のうち安室以外は死んでいて、ハロ嫁では警察学校組の次の安室の信頼関係の相手としてコナンが設定されます。

この設定に気づくと、安室の「下で待っててくれ」のセリフが口パクになった理由を考察できます。

ハロウィンの花嫁の安室透と諸伏景光のセリフが似てる

ハロ嫁で安室の「下で待ってくれ」が口パクになった理由は、予告動画にある警察学校組のセリフ「下で待ってるから」とかぶるからです。

ハロ嫁の予告動画では警察学校組の諸伏景光のセリフ「下で待ってるから」が含まれています。

実はこの諸伏景光の「下で待ってるから」は爆弾処理をする警察学校組の松田陣平に向けられたセリフ。

廃墟になったビルで爆破時間が刻々と迫るなか爆弾処理をしている最中のセリフです。

諸伏景光のセリフ、安室の口パクには似てるところがあります。


場所命懸け警察業務セリフの相手
安室渋谷ヒカリエヘリへ飛び移る公務中コナン
諸伏景光廃ビル爆弾処理公務中松田陣平

この表からわかる似てるところはこうです。

  • 場所はビル
  • 公務中の命懸けのシーン
  • 信頼関係の相手がいる

この似てるところに「下で待ってる」や「下で待っててくれ」というセリフまで似てる。

過去の警察学校組の仲間たちの信頼関係と、安室とコナンの信頼関係がシンクロする。

警察学校組との信頼関係を、安室とコナンの信頼関係にシンクロさせるハロ嫁のストーリー。

ここまで似てるのがネタバレすると、ハロ嫁への期待に水をさしてしまうってわかりすぎる。

繰り返しますが、ハロ嫁では警察学校組の5人の信頼関係が本当に感動的なんです。

でも警察学校組は安室だけ1人生き残っていて、他の警察学校組との信頼関係はもう過去のもの。

ハロ嫁では警察学校組の仲間の代わりに、安室の信頼関係の相手にはコナンが設定されている。

もともと『ゼロの執行人』では安室とコナンには信頼関係とまでのものはない。

あえて予告動画で口パクにすることでネタバレなしで、口パクに興味関心をおこしながら、安室とコナンの信頼関係が結ばれたとクライマックスシーンで明らかにする。

ハロ嫁の醍醐味である仲間との信頼関係を、クライマックスシーンまでじわじわと紡いでいく。

クライマックスシーンでコナンとも警察学校組とも、安室の信頼関係を豊かなイメージにするために、口パクにしたのが理由と言えます。

まとめ

ハロ嫁の安室の口パクのセリフはなんて言ってる?理由はなぜかも考察、と題して解説してきました!

安室が予告動画でなんて言ってるのか分からず、気になっていたことを理解できたのでスッキリしました。

本当に口パクって、人を惹きつけますよね、興味関心をそそらせる。

セリフがわかると、なぜ口パクにしていたかも考察でき理由もわかったのは大きい収穫。

ハロウィンの花嫁(ハロ嫁)を実際に映画館でみることでこの大きい収穫を得ることができました。

気になることあればぜひ、名探偵コナンの劇場版(2022年)のハロ嫁を見てください、この記事が参考になれば嬉しいです。

最後までご覧くださりありがとうございました!