エンタメ

神田沙也加の喪主は誰がやるか家族葬なら松田聖子?社葬の場合でも挨拶する?

神田沙也加の喪主は誰がやるか家族葬なら松田聖子?社葬の場合でも挨拶する?

Pocket

あまりにも突然に急死した神田沙也加さん、彼女の人気はあまりにもすごい。

母親の松田聖子さん、父親の神田正輝さんの親世代からも、同世代からも可愛がられていました。

でも、結婚生活はわずか2年で離婚しています。

神田沙也加さんのご冥福を祈る葬式の喪主は、誰がやるのでしょうか?

一般的には生き残った配偶者が務めますが、離婚されたので、実の両親が務める?

両親も離婚しているので、家族葬にしても社葬にしても、誰が喪主として挨拶するのか気になってしまいます。

この記事では、神田沙也加さんの喪主は誰がやるのか、家族葬なのか社葬なのか、誰が喪主として挨拶するのか、解説します。

ぜひ、最後までご覧ください!


神田沙也加の喪主は誰がやるか家族葬なら松田聖子?

神田沙也加さんの葬儀が家族葬の場合、喪主は松田聖子さんが務めることになると考えられます。

喪主は遺族の代表として、葬儀の式をすべて取り仕切る人で、血縁関係が強い人が務めます。

神田沙也加さんの場合、夫がいないので、喪主となり得るのはこの2人です。

  • 父親の神田正輝さん
  • 母親の松田聖子さん

神田正輝さん、松田聖子さんともに喪主を辞退した場合は、知人や友人、お寺の住職などが務めることもできます。

しかし、親子関係は深く強い愛情でつながっていると言われているので、やはり、父親か母親のどちらかが喪主になるでしょう。

神田沙也加さんが10歳の頃にご両親は離婚し、親権は母親の松田聖子さんにあります。

人生の途中で名字が変わるのを心配して、神田沙也加のままでした。

血縁関係にあり、親権をもつ松田聖子さんが家族葬の場合は喪主を務めると考えられる理由です。

家族葬の葬儀の場所は?

家族葬の場合、葬儀の場所はこの2つが考えられます。

  • 福岡県久留米市荒木町(松田聖子さんの実家)
  • 東京都世田谷区成城(松田聖子さんの自宅)

松田聖子さんには実の兄がいるので、松田聖子さんの実家(蒲池家)と相談して決めるのではないかと考えられます。

蒲池家を結婚して出た松田聖子さん、神田姓を名乗る神田沙也加さん、の親子2人が久留米市で蒲池家の墓に入れるのかが抑えるべきところになるでしょう。

久留米市で家族葬ができない場合は、東京の成城にある松田聖子さんの自宅が会場になるのではないでしょうか。

いずれにしても、家族葬の場合の喪主は松田聖子さんと考えられます。


神田沙也加の喪主の挨拶は社葬の場合でも松田聖子?

神田沙也加さんの葬儀が喪主の場合も、喪主は松田聖子さんになり、喪主として挨拶をすることになります。

社葬の場合、こういった人たちがいます。

  • 喪主:遺族の代表
  • 施主:葬儀の関わる費用を負担する人

神田沙也加さんの場合は、こうなります。

  • 喪主:母親の松田聖子さん
  • 施主:所属会社である株式会社ローブ

喪主として松田聖子さんが行うことは家族葬と基本的に同じです。

父親の神田正輝さんは、喪主ではなく血縁関係からも松田聖子さんが拒否しなければ、社葬でも家族葬でも協力をするのではないでしょうか。

社葬の場合は、会社がお金を負担するので、松田聖子さんの喪主としての挨拶の設定や、神田正輝さんとの関係も考慮する必要があるでしょう。

神田沙也加さんの葬儀の喪主として松田聖子さんの挨拶は、葬儀の流れの中でどのようなタイミングでするのか、決められることになります。

社葬の葬儀の場所は?

社葬の葬儀の場所は、青山葬儀所(東京都港区南青山2-33-20)と考えられます。

青山葬儀式場で葬儀をした有名人の一覧です。

  • 川島なお美さん
  • 坂井泉水さん
  • 田中好子さん
  • 西城秀樹さん
  • 忌野清志郎さん
  • 森光子さん
  • 美空ひばりさん
  • 小渕恵三元内閣総理大臣
  • 青島幸雄元東京都知事
  • 永六輔さん
  • 加藤剛さん
  • 貴乃花親方
  • 水木しげるさん
  • 蜷川幸雄さん
  • 左とんぺいさん

数えきれないほど有名人の葬儀に使われています。

青山葬儀所は1万人以上の葬儀にも対応でき、忌野清志郎さんの葬儀には4万人以上の参列がありました。

神田沙也加さんの人気からすれば、コロナ禍でも多くの参列が見込まれるので青山葬儀所は、社葬の場所として十分に考えられます。

神田沙也加さんは本当に多くの人に愛された女性でした。

その神田沙也加さんは本当は自殺でも事故でもない死因があったと言われています。

>>神田沙也加さんは殺された?他殺の可能性はどこにある??


まとめ

神田沙也加さんの喪主は誰がやるのか、家族葬なのか社葬なのか、誰が喪主として挨拶するのか、解説してきました。

誰がやるにしても喪主を決めるのは、配偶者がいないと色々と考えを巡らして決めるようになります。

家族葬だからと言って、簡単に考えられるものでもなく、神田沙也加さんのように人気があれば、参列者に配慮をすることも数えきれないでしょう。

社葬の場合は、故人の人気に相応しい格式も設定する必要があり、さらに細やかな配慮と、喪主の挨拶の設定が求められます。

どのような形であれ、葬儀を終えて、故人のご冥福へつながるようにと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。