スパイファミリー

スパイファミリーのアーニャが死亡?正体バレるのも可愛い大人になってから?

スパイファミリーのアーニャが死亡?正体バレるのも可愛い大人になってから?

現在、コミックス11巻も無事に販売され、ジャンプ+で好評連載中のスパイファミリー。

アニメ2期も無事に放映され、劇場版アニメも制作されているとの事。

ますます盛り上がりを見せるスパイファミリーですが、予想出来ない展開にいつもハラハラとさせられ、予想外の出来事なども作中で起きてしまいます。

もし大人気キャラでもある可愛いアーニャの正体バレるなら、それはどんな展開を迎えるのでしょう?

彼女の可愛い笑顔が失われてしまうのかと心配です。

またアーニャ死亡などのバットエンドもあり得るのではと、不安の種も幾つもあります。

今回は、そんな可愛いアーニャの今後を考察していきたいと思います。

ロイドとヨルにアーニャの正体バレるなどの展開や、また大人になったアーニャがどんな風になるのか?

そしてアーニャ死亡とならずに、可愛い大人の女性になれるのかと、そんな心配をしながらに考察をしていきます。

 

スパイファミリーのアーニャが死亡?

スパイファミリーの中でも最も可愛いメインヒロインとなるアーニャが死亡するのではと、ファンの間では様々な不安と憶測が飛び交ってもいます。

特に最新のコミックス11巻では、バスジャックにあってしまい、首に爆弾を付けられてしまうなどのシーンもありました。

アーニャ死亡と、ファンの間に飛び交う心配と不安が、現実のモノとなるのではと、可愛いアーニャが大人になる事なくに、死亡してしまうのではと、彼女の安否が気遣われます。

実際にアーニャの命が失われてしまう様な場面は多くあり、ヨルの食事を食べての死亡や、ヨルの妄想で、動物か犯罪者に襲われて死亡するなども多々あります。

あくまでもヨルの妄想の中のシーンですが、現実にはなってほしくないですね。

その他の考察を見れば、アーニャはその正体がバレてしまい、殺されてしまうのではとの考察もあり、また大人になった時に、死亡するのではとも考えられています。

アーニャは下は被検体007とされる実験体のエスパーであり、もし研究員に知られたら、暗殺の対象にもなりかねないリスクを抱えています。

このまま正体がバレず、可愛い大人になってもらいたいものですが、はたしてどうなるのかと不安が多いですね。

 

スパイファミリーのアーニャの死亡は正体バレる時?

アーニャはとある研究所にて隔離され、研究されていた過去を持つ、可愛いスパイファミリーのヒロインです。

一見すれば、そんな過去があったと忘れがちになってしまいますが、可愛いアーニャには、そんな暗い過去があったのです。

そんな過去があるがゆえに、やはりアーニャは狙われてしまう事になるでしょう。

アーニャの死亡は、もしかして、その正体がバレてしまう時なのかもしれません。

ではアーニャの正体がバレてしまう時とは、どんな状況なのでしょうか?

ここで考えられるのは、ロイドやヨルの危機を救うために、自分が超能力を使えると自らバラす可能性が考えられます。

それがどんな状況になるのかは、あくまでも推測か、想像しか出来ませんが、それは何かしらの窮地ではないかと想像が出来ます。

しかしアーニャは時折に、どこか抜けているので、うっかりとバレてしまう可能性も考えられます。

しかしもし、アーニャの正体バレる事があるのならば、それはアーニャ死亡のフラグが立つ可能性もあります。

アーニャは超能力者であり、研究所からみれば危険な存在でしかありません。

研究の秘密を隠すために、アーニャを抹殺しようとする可能性もあり、アーニャの死を狙う刺客が現われる可能性もあり得ます。

でも彼女にはロイドやヨルがいます。

二人は例えアーニャが超能力者であっても、それを受け入れて、自分達の娘だと守ってくれそうですね。

それにロイドならば、アーニャ死亡を偽装する事もお手の物でしょう。

 

スパイファミリーのアーニャの母親を徹底解説

さてそんなアーニャの母親についてなのですが、作中でもその存在は、スパイファミリーの作中でも明らかにはなってはいません。

ただ推測出来るのは、アーニャの母親は超能力関係の研究者の可能性があります。

実の娘を超能力者の実験体にしていたと、考えたら悍ましい内容ですが、あり得る事かもしれません。

アーニャが母親の事を問われたときに泣いていたので、母親に関しての気持ちは、アーニャにとって深いトラウマになっている可能性が考えられます。

アーニャと母親の間には、どんな事があったのか?

それはあまり明るい内容とはならないでしょう。

最悪の場合は、母親は既に死んでおり、その娘だったアーニャが研究所に捕えられてしまったのではと考えたら、さらに可哀想になります。

アーニャの母親はエスパーであり、その能力を狙われ、娘を守る為に殺されてしまったと考えたら、アーニャがさらに可哀想になります。

出来るならば、アーニャの母親が優しい人である事を祈りたいです。

 

スパイファミリーのアーニャの死亡は可愛い大人になってから?

スパイファミリーにおいてアーニャが大人になったらどうなるのかと、そんな彼女の未来を想像する考察もあります。

スパイファミリーでも最も可愛らしくあるヒロイン兼マスコットなキャラでもあるアーニャは可愛いですが、大人になれば美女になるでしょう。

それこそヨル並の美女かもしれません。

ただし、その時のアーニャは、一体、どんな仕事をしているのでしょうか?

もしや超能力を使っての殺し屋として活動しているか、それとも超能力を使ってのスパイ活動をしているのかと、あまり良い仕事の様な気はしませんね。

職業差別はいけないと思いますが、流石に殺し屋やスパイ以外の仕事に就いて欲しいです。

スパイファミリーにおいて、アーニャ死亡のフラグは回避出来ていないと考えたら、やはり死亡する可能性のあるスパイや殺し屋は辞めて貰いたいです。

アーニャには、もっと平和な仕事に就いて欲しいです。

超能力者なのでアーニャならば、カウンセラーとかの仕事が向いているような気がするのですが、結構ズバズバと言ってしまいそうな気がします。

そもそも普通に働けるのかと気になるところもあります。

ダミアンのお嫁さんなる可能性もあり得ますが、それはそれで大変な事になりそうですが。

一体、アーニャはどんな大人になるのでしょう?

まあ美女になるのは間違いはありませんが。

 

スパイファミリーの魅力はアーニャが可愛いだけ?

スパイファミリーに登場するアーニャは可愛いだけのキャラだと言う辛辣な意見もありますが、アーニャは可愛いだけのキャラではありません。

アーニャの魅力は、千差万別に顔の表情がコロコロと変わってしまう部分にあります。

時にはシリアスな表情を見せるも、時にはコミカルな表情を見せ、コロコロと顔の表情を変えていく、その個性豊かな一面が、アーニャの魅力ともなります。

ただ可愛いだけのキャラではなく、ギャグも熟す程の多彩な一面を持ち、物語をより面白く仕上げてくれるのが、アーニャの魅力ともなっています。

スパイファミリーの魅力はアーニャが可愛いだけ?というわけでもなく、アーニャの可愛い魅力がスパイファミリーを盛り立てていると言えるでしょう。

またアーニャは、心が読める分だけに、相手のことを優しく気遣ってくれる一面があり、誰よりも心の痛みを理解してくれる優しい心根を持つ少女でもあります。

可愛いだけではなく、人の気持ちを考える事が出来き、また他人を気遣う優しさを持つ、そんなアーニャには、沢山の魅力が詰まっているとも言えます。

 

スパイファミリーでアーニャ以外の死亡キャラは誰?

スパイファミリーにて死亡してしまったキャラはいるのかと、考える方は沢山います。

現にスパイファミリーの作中で死亡するキャラは、あくまでもメインキャラにはおらず、どちらかと言えば、モブの方が圧倒的に殺されているイメージがあります。

アーニャのような現在のメインキャラでの死亡はあまり書かれてはなく、あくまでもモブキャラか敵キャラの死がメインとなっていますね。

その大半の殺害はヨルが行っていると、ヒロインとしては、どうなのだろうかと考えてしまうかもしれませんが、ヨルの職業を考えれば、それは仕方が無い事ですね。

現にヨルは殺し屋であり、初登場の際にも既に殺していたので、不殺生とはいかないでしょう。

そもそもにそんな優しい世界に生きている人間ではなく、あのロイドも、スパイなので時には暗殺も行っていたと考える方が妥当でしょう。

中には不慮の事故に巻き込まれて死んでしまった人もおり、ロイドの子ども時代においては、父親の死や母親の死は、彼にとって大きな傷とも言えます。

またロイド自身も戦争に参加し、幾人の兵隊の命を奪っていた事も考えれば、それは仕方が無い事だとも言えます。

主にメインキャラでの死はありませんが、モブキャラの死が、この作品のメインともなっており、現在のロイドの親しい間柄の人間での死は確認されてはいません。

しかし今後の展開においては、もしかしてのメインキャラの死も考えられます。

その中でも最もの死んでしまう対象は・・・やはりロイドやヨルの身内かもしれません。

ロイドの情報屋であるフランキーの死亡と、彼の死を考えて見ますが、彼の場合は、どんな状況でも生きていそうな気がします。

強運なキャラでもありますから、爆破に巻き込まれて偶然に助かっていそうな雰囲気がありますね。

またヨルの関係者でも死亡を考えたら、まずはガーデンの面々かもしれません。

店長やマシューのどちらかが死んでしまうのではと考えられ、もしかしたらヨルと対立するかもしれません。

今現在のところで考えたら、ヨルの所属するガーデン関係の人間との殺し合いが、メインキャラの死と繋がっていきそうな雰囲気があります。

ガーデンがロイドの存在に関して気づき、ヨルに殺しを依頼すると、ロイドとヨルの殺し合いが始まるも、ロイドを殺せないヨルは、ガーデンに反抗する事になる。

と、そんな展開が起きるかもしれませんね。

 

スパイファミリーでロイドの死亡理由は?

スパイファミリーの作中において一度ロイドは死んでしまったとの設定が存在しています。

それはアーニャがボンドを通して見た、彼の未来視の中にあった、ボンドが爆破テロに巻き込まれて死んでしまうという衝撃の展開です。

この未来は、アーニャとボンドの解決によって死亡は回避されましたが、アーニャとボンドが活躍しなければ、ロイドの死は確実なモノだったとも言えます。

ロイドの死亡理由が、任務中における爆破テロによる死亡と、スパイにとっては壮絶な死かもしれません。

本当に死ななくて良かったと思います。

ただ、今後の展開においては、ロイドの死は回避出来ない可能性もあり得るかもしれません。

何せスパイであれば、いつどこで死んでもおかしくない状況でもありますから。

でも彼の場合は、どちらかと言えば、過労死してしまうのではと、考えてしまいます。

 

まとめ

今回はスパイファミリーのアーニャ死亡に関して、正体バレるのは可愛い大人になってからなのかなど考察記事をまとめてみました。

アーニャだけではなく、彼女の親しい人の死など、出来れば今後の展開においては無縁のモノとしてほしいです。

でも危険な世界にいるロイドとヨルの日常では、常に死は隣り合わせでもあり、油断をすれば命を落としてしまう可能性もあります。

出来る事なら、スパイファミリーの中で、アーニャの親しい人が死亡とはならず、友達や家族全員で無事に過ごしていけたのならと思います。

今後のスパイファミリーが、どんな結末を迎えていくのか、アーニャの正体バレるのか解りませんが、可愛いアーニャには大人になっても幸せな日々を送って欲しいですね。