エンタメ

スパイファミリー10巻ネタバレ確定!あらすじをわかりやすくまとめて紹介

スパイファミリー10巻ネタバレ確定!あらすじをわかりやすくまとめて紹介

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の漫画もついに10巻に到達しました!

今回の収録話とあらすじはどうなっているのか先取りしたくなってしまうほど魅力的な漫画です。

確定した内容のネタバレをまとめた方が一番早いので、この際わかりやすくまとめることにしました。

あらすじ自体は確定しているので10 巻のネタバレもまとめてみるといろいろと考察できちゃいました。

わかりやすくスパイファミリーの漫画の10巻をまとめているのでぜひ最後までご確認ください!

 

スパイファミリー10巻ネタバレ確定!

SPY×FAMILYの漫画10巻の確定したネタバレを早速していきましょう!

この記事でお届けするネタバレはこの通りです。

  1. 収録は何話から何話までなのか
  2. 10巻の表紙は誰になっているのか
  3. 10巻購入特典には何があるか
  4. 10巻の目次ごとのあらすじ

このリストの順番でSPY×FAMILYの漫画の10巻のネタバレをしていきます。

それではさっそく、10巻は原作の何話から何話まで収録されているのかネタバレを始めましょう。

 

収録話は何話から何話まで

SPY×FAMILYの最新刊の10話には、何話から何話まで収録されているのか一覧にしました。

一覧の右にあるカッコは「少年ジャンププラス」での各話の公開日です。

  • MISSION:62前編(2022/4/4)
  • MISSION:62中編(2022/4/18)
  • MISSION:62後編(2022/5/16)
  • MISSION:63(2022/6/13)
  • MISSION:64(2022/6/27)
  • MISSION:65(2022/7/25)
  • MISSION:66(2022/8/8)
  • SHORT MISSION:7(2022/1/24)
  • SHORT MISSION:8(2022/5/30)

SHORT MISSION:7は、SPY×FAMILYの9巻よりも前に公開されていますが9巻には収録されませんでした。

そのため、10巻には「SHORT MISSION:7」、「SHORT MISSION:8」の2つの「SHORT MISSION」が収録されるでしょう。

収録話が確定したら、速報します。

 

表紙は誰?

表紙はまだ確定していません。

誰がSPY×FAMILYの10巻の表紙になるのかわかったら速報するのでご期待ください!

1巻から9巻は基本的に表紙に登場したのは1人のキャラでした。

1人のキャラにスポットをあてる表紙が定番となってきていますが、今回の最新刊は10巻です。

10巻は2桁に到達した記念巻として、フォージャー家が揃って表紙に登場する可能性もありえるって思えます!

 

特典はなに?

SPY×FAMILYの最新刊の特典にはどんなものがあるのか一覧にしたのでご確認ください!

全国書店共通の特典未公開
封入特典未公開
販売店のオリジナル特典アニメイト(イラストカード全4種)

アニメイトのイラストカードは10/1から10/21までの期間限定特典です。

イラストカードは、ロイド・アーニャ(2種類)・ヨルの全4種類になっています。

アニメイトでイラストカードがもらえる条件は、1,100円以上のSPY×FAMILYの漫画やグッズを購入することが条件になっています。

この他にもSPY×FAMILYの最新刊10巻を購入した時にもらえる特典がわかれば情報をお届けするのでこの記事をご確認ください!

 

スパイファミリー10巻あらすじをわかりやすくまとめてネタバレ

SPY×FAMILYの10巻に収録されているあらすじを収録話ごとに解説していきます。

わかりやすくまとめているので各話ごとの漫画の内容がどうだったのか、ここからのネタバレでさくっと確認していきましょう。

それでは、さっそく漫画10巻の目次の順にあらすじのネタバレを始めます。

 

MISSION:62前編のあらすじネタバレ

ザクっとネタバレをわかりやすくまとめると黄昏の過去が公開されるあらすじです。

MISSION:62前編には黄昏の子供の頃の回想シーン(戦争孤児になる前)が語られていきます。

黄昏の幼少期の別称は「参謀」でした。

東西協定があったので平和な時が流れていたのが参謀の幼少期の頃の時代です。

といっても子供の遊びには「東=敵国」というのが常識と言えば常識になっています。

だから敵の東国を倒すのが当時の子供の遊び、つまり戦争ごっこという子供の遊びがあったのでしょう。

参謀の父親はめちゃめちゃ甘くなかったようでこういったことがありました。

  • 戦争ごっこをすると参謀を叩く
  • 兵隊になりたいと言えば叩く
  • 周りのこどもなら持っていないことはない兵隊セットは参謀に与えない

つまり、参謀の父親は戦争を決して認めない非戦論をモットーにしていたわけです。

だから、お金を持たない子供の参謀はお金をもっている父親に嘘をついて兵隊セットを買うことのできる金額を手に入れます。

結局、参謀は父親に嘘をついて兵隊セットを購入するのですが、父親への背信、道徳的には背徳なことをしたので参謀の良心が訴えてきます。

だから、参謀は戦争ごっこに参加せずに帰宅したりしてしまうわけです。

その帰途、顔馴染みのコロッケ屋の女性と話をします。

参謀は良心と向き合った結果、こう決めます。

  • 10ダルクを稼ぐ
  • 10ダルクは父親に返す金額
  • 父親へ背信したことや背徳的な行動をしたことを謝る

しかし参謀がこんなことを決めた時に、西国が平和を破壊してきたのです。

戦争の爪痕が生々しい中、黄昏は街で泣いています。

東国の爆撃を受けたのですが、なんと父親はそのとき仕事で国境付近にいたという黄昏の回想シーンでした。

 

MISSION:62中編のあらすじネタバレ

西国東部ルーウェン、ここに黄昏は幼少期の生活拠点があり、参謀と呼ばれながら過ごしていました。

翌日の祭りを控えていたある日、あまりにも待ち侘びたのか大人は早く明日になれと言わんばかりにはしゃいでいます。

なぜ緊張もなくはしゃぐことができ、楽しさだけを抱くことができたのかというと東西協定があったからです。

東西の間で戦争がない、平和が当然だったので祭りのことが全てだったからといっても良いでしょう。

ここでも参謀は父親への背信、背徳を謝罪して、なおかつ父親と一緒に祭りを楽しく満喫したいと願っていました。

ここで、ルーウェンは西国からのまさかの爆撃を受けるんです。

参謀はこの時、叔父のいる地域へ母親の機転で逃げ延びますが、それはつまりルーウェンから生活拠点が移ったということになります。

しかもルーウェンは東国に攻め落とされてしまい、さらに逃亡ルートにあったキールバーグも襲われたのですがそのことを参謀はラジオで知ります。

そう、参謀は参謀を癒すもの、心を励ましてくれるもの、愛するものすべて(故郷、家族、友人)を東国からの攻撃で無くしてしまったわけです。

ここで参謀はこう思います。

  • みんな嘘つきだ
  • 東西協定で戦争はないっていう大人の話だった
  • 祭りは一緒に過ごすという約束をした父親は帰らない
  • 自分も父親に嘘をついた
  • 謝罪したい父親は変えてこないから約束を守らない

参謀の心がどれだけ荒れてしまっているのかこの言葉に表れていています。

そして参謀に残ったのは銃です。

ここからなんと参謀は戦争の最前線で戦闘を始め、東国の兵士を倒していきます。

そんな中、森の中で周囲にバレないように待機していた参謀が出会ったのがフランキーです。

 

MISSION:62後編のあらすじネタバレ

MISSION:62は年齢を偽装してまで兵士になっていた、黄昏の過去の回想を締めくくっていくあらすじです。

フランキーは参謀が憎む東国の兵士で、東国から脱走してきていました。

参謀はフランキーに向けて銃弾を発砲する構えを見せます。

しかし逆に東国に攻撃をされてしまい、参謀は傷を負ったため、部隊の後方に配置され後方からの支援を命令されました。

ここでも参謀に出会いがありました、それは大将たちとの再会でした。

参謀は大将たちは死んだと勝手に思い、敵への怒りを発露していた理由の一つでもあったはずです、

しかし、爆撃攻撃の難を逃れついに逃げ切ったことが参謀にはわかりました。

参謀は号泣したのはわかりやすいて流れなのですが、大将たちのためにも東国への復讐心でいっぱいだったのだから、当たり前です。

参謀はついさっきまでと大将たちとの再会後では生きる世界が違って見え、以前のような平和な生活も考えたくなります。

でもすでに参謀が再会したその夜に大将たちには新作戦を展開するため、違う地に配属されることが決まっていたのです。

しばらくしてから、参謀の元に大将たちの戦死の知らせが大将たちの認識票とともに届きました。

参謀は大将たちの帰還を祈っていたのでしょうが、実は大将たちへ命令があった作戦はどう考えても被害が甚大な作戦だったのです。

結局、大将たちと再開する前の状況に参謀は戻ってしまいました。

そんな参謀に「陸軍情報部」が参謀に接触をしてきます。

参謀は「武器より情報だ」と考え、この時に名前を黄昏に変えて「陸軍情報部」の仕事をするようになります。

このときから黄昏の目的は今も変わらずこういう目的です。

  • 子供たちが笑顔いつも笑顔でいられるようにする
  • 子供たちが悲しみから泣くことのない世の中にしたい

ここで黄昏の回想シーンは終了してロイドとしての生活に漫画のシーンが戻ってきます。

 

MISSION:63のあらすじネタバレ

MISSION:63のざくっとネタバレすると、ハンドラーと新人たちがミッションを展開するあらすじです。

西国であるビッグイベントが開催されることになりました。

オペラ歌手のジョナス・ウェルマン(東西両国で超人気)のイベントが開催されるのです。

しかしウェルマンに不倫疑惑が噂され、しかも不倫は複数の相手という噂です。

ウェルマンの西国でのイベントを通じて東西交流を促すことが、ハンドラーたちWISEの役割でした。

ウェルマンの不倫疑惑の報道にWISEの中で受け止め方が違っていました。

  • 新人は報道をそのまま信じてしまう
  • ハンドラーは報道に対して淡々としている

そもそもの不倫疑惑を広めたのは東西交流に賛成しない勢力の策略だったのでしょう。

この後、ウェルマンの不倫疑惑は存在しないという報道がされると聞きます。

しかし、ウェルマンの不倫疑惑は存在しないと報道する時に、ウェルマンの殺害予告が出されます。

もちろんハンドラーたちは目的を果たすために、ウェルマンの安全確保にあたります。

そしてハンドラーはある男に違和感を覚えその男をマークしたのですが、その男は警備員として潜入していたのでした。

ハンドラーの読みは当たっていて、潜入していた男を捕えます。

そしてウェルマンは東国から西国へ出発できる状況になり、無事に東西交流のイベントを成功させました。

WISEは役割を果たしたのです。

ウェルマンの安全確保とビッグイベントを成功させるミッションから新人はこんなことに気づきました。

  • 何が真実かなのか決めるのは自分だということ
  • 答えは自分で考えて判断して導くもの
  • 何が正しいかは自分が決める。

ハンドラーからの教えや後ろ姿を見ることができたからこその気づきだったのでしょう。

 

MISSION:64のあらすじネタバレ

MISSION:64のザクッとしたネタバレを書くと、アーニャがやる気を取り戻すというあらすじです。

スクールバスが遅くなったので、学校の帰り道、アーニャはヘンダーソン先生を手伝うことになりました。

「アーニャはこの前の雷をきっかけに落ち込んでいる」ヘンダーソン先生はアーニャのことをそう見ていました。

しかし、実際はこんな感じです。

  • アーニャはそんなことは覚えていないし落ち込んでもいない
  • ヘンダーソン先生はとにかく励ましたい
  • アーニャに対してヘンダーソン先生の意図が空回りする

でも、アーニャはヘンダーソン先生の意図に気づき、それとなくヘンダーソン先生の展開する話についていきます。

アーニャは「皇帝の学徒になりたい」とヘンダーソン先生に打ち明けます。

「皇帝の学徒」それはイーデン校にとって特別な存在、しかも誰でもなれないと言えるほどの難関です。

ここでヘンダーソン先生が教えたことは日々の努力がいかに大事なのかということで、アーニャを諭そうとします。

結局、アーニャは帰宅してから両親も毎日、仕事に精を出して勤労を続けていることに思い当たります。

みんながんばっている!そう気づくのです。

アーニャはここでやる気を得ます!「ちち!ごはんたべたら勉強教えてほしい!」という言葉に表れてます。

昨日までのアーニャなら「勉強」なんて絶対に想像もつきません。

ロイドの反応はこんな言葉を出して心労を思わせます。

  • 「どうした急に」
  • 「お前まさかもしやまた雷(トニト)を…」

とにかくびっくりしたロイドです。

しかし、とにかくアーニャはやる気を出してきたのです。

 

MISSION:65のあらすじネタバレ

MISSION:65のザクッとネタバレすると、ヨルがついにママ友デビューするのか?というあらすじです。

ヨルはアーニャに頼まれたのでデパートでお菓子を探していました。

ヨルがデパートで出会ったのはメリンダという婦人です。

ヨルは、メリンダにママさんバレーのチーム「愛国婦人会」に紹介されました。

愛国婦人会にヨルは参加することになります。

ヨルはその力の強さでは凄まじいのですが、バレーではルール違反が続きました。

愛国婦人会は試合には負けたのですが、試合後のお茶会ではヨルは愛国婦人会のメンバーからいろんな質問を浴びます。

ヨルがその質問に答えて話したのはこうです。

  • ヨルは継母だということ
  • 妻としても母としても正解、つまりふつうがわからないこと
  • 正解がわからないので悩む

こういったヨルの話に、愛国婦人会のメンバーのママたちは共感して、みんな同じだと共感し合います。

そうです、みんな正解がわからず悩んでいるからこそ、お茶会とかで毎日、情報を集めて何が正しいのか比較できる情報を集めているわけです。

しかし、ヨルはオペレーション梟に関わる、もっと貴重な情報を手に入れます。

メリンダはなんと「ダミアンの母親=最終標的ドノバンの妻」だとわかったのです。

 

MISSION:66のあらすじネタバレ

MISSION:66をザクッとネタバレすると、プランCが正式採用されるというあらすじです。

ヨルが知り合ったのが「ダミアンの母親=最終標的ドノバンの妻」と知り、ロイドは警戒を始めます。

メリンダには不思議で何を考えているのか読めないことも多い。

だからメリンダのことを信用すると逆に危険かもしれません。

なんといってもダミアンの話題を切り出した時の様子は、変です。

監視など理由があって本音が言えない?本当に異常者なの?いずれにしてもメリンダの不思議なところもはっきりしないといけません。

愛国婦人会でのヨルの行動をロイドは観察することにします。

現状は、ロイドが警戒を緩めずにあらたな「プランC ママ友作戦」を実行し、メリンダとの関係を維持することになりました。

しかし、プランCがこのまま順当に進むとアーニャは必要じゃなくなるかもしれないから、アーニャは慌てます。

アーニャは100%の実力を出し切るためにベッキーに相談をしてこんなアドバイスをもらいます。

古来より伝わるおまじないに「パンをくわえながら曲がり角でぶつかるとその相手と結ばれる」というものがある。

このアドバイス通りにアーニャはダミアンにぶつかりに行きますが、結局、ダミアンに小馬鹿にされてケンカになります。

 

SHORT MISSION:7のあらすじネタバレ

SHORT MISSION:7のザクッとしたあらすじのネタバレをしていきましょう。

『スパイウォーズ』それはアーニャの大好きなアニメです。

このアニメ放映中にボンドマン(主役)が登場します。

ボンドマンは世界一流のスパイでとにかく女性にモテる。

敵のスパイも争う必要がなくなったとたんに、ボンドマンに向けていた銃口を下げてボンドマンに抱きつきます。

とにかくボンドマンはどこに行ってもモテるので、ボンドマンを好きな女性たちの間にボンドマンを渡さないという心が沸き起こります。

あまりにもモテすぎるので、ボンドマンは「何股よ」、「1人に選びなさいよ」と迫られます。

ボンドマンの答えは「オレは世界中のレディを1人残らず幸せにしてみせる!」とキメ顔です。

ところが女性たちからは、ビンタ、メッタ刺し、ピストルで撃たれる、電撃を浴びるなどありとあらゆる仕返しを浴びます。

ここで『スパイウォーズ』の放送は次回の『復活のボンドマン』を予告して終了です。

アーニャはすごく学んだようで「なるほどこれがいちゃいちゃのはなし。これでアーニャもベッキーと語り合える」と大人になったと自負します。

ロイドは一言「やめとけ」ボンドマンのどこが紳士的な振る舞いなのかとアーニャをさとしますが、きっとアーニャには届いていません。

 

SHORT MISSION:8のあらすじネタバレ

SHORT MISSION:8のザクッとしたあらすじのネタバレをしていきましょう。

フランキー(モテない男)は、押し付けられたボンド(犬)の散歩をしていました。

そこで出会った女性に一目惚れ&ボンドも女性の飼い犬に惚れ込みました。

フランキーとボンドはお互いに異性をかけて協力することにします。

そして次の週も出会ったふりをするために、フランキー&ボンドは先週と同じ場所に一緒に散歩に向かいます。

とにかく、フランキー&ボンドはこんな作戦を立てて女性への接近を試みます。

  • 優しくて余裕のあるところを見せつける
  • 身だしなみ
  • プレゼント

で結果は、全て女性から引かれて嫌われます。

でも、フランキー&ボンドにとっては協力した結果なので、フランキー&ボンドの絆はしっかりと深くなりました。

以上、SPY×FAMILYの漫画の10巻のあらすじを目次(収録話)ごとにわかりやすくまとめてネタバレをしてきました。

どの収録話もあらすじを考えると謎を残すので、わかりやすくするまとめるのにはあらすじのポイントを整理する必要があり、まとめきるまでにやばいくらい頭を使っています。

それに、頭を使ったのでいろいろと考察もできたから、10巻の考察もまとめました。

 

スパイファミリー漫画10巻の内容の考察

SPY×FAMILYの漫画10巻は黄昏の回想シーンから始まり、ついにはオペレーション梟の最終標的ドノバンの妻=メリンダにまで出会っています。

そもそもなぜこのタイミングでメリンダに出会うのか?なぜヨルがメリンダに出会うのか?

いろいろな謎を含んでいると言って良いでしょう。

しかし、ロイドはこのチャンスを逃さないという作戦に踏み切ったのですから、きっと何段階もメリンダの動きに応じて臨機応変に作戦を練っているでしょう。

さらにアーニャ、やる気を出すまでにはなりましたがアーニャは自分のためにもダミアンにぶつかりに行っています。

このあたりがアーニャっぽいなという感じですが、ロイドはこのあたりも踏まえないといけません。

ロイドはどういうようにダミアンとの関係を基点して最終標的に辿り着こうとしているのか?

SPY×FAMILYの今後のあらすじを考察するとこういったことが気になりますね。

  • ロイドの作戦と統率力
  • ダミアンとの関係の発展
  • ヨルのダミアンとの関係がどういうように進展するのか
  • アーニャの独走の影響

という感じが今後のあらすじのポイントでしょうし、伏線にもなり得るでしょう。

 

まとめ

スパイファミリー10巻ネタバレ確定!あらすじをわかりやすくまとめて紹介と、題して徹底解説してきました!

ここまでまとめてきたので収録話のあらすじがつながればつながるほど、次回のあらすじが気になってしまいます。

確定した内容だったのでわかりやすくすることに力を注ぎました。

ネタバレで10巻の情報が確定すると、じつはもっとスパイファミリーの漫画が読みたくなるという状況になりました(笑)。

最後までご覧いただきありがとうございました!