エンタメ

敦賀花火の穴場2022見える場所どこ?駐車場や交通規制は?

敦賀花火の穴場2022見える場所どこ?駐車場や交通規制は?

敦賀の「とうろう流しと大花火大会2022」が4年ぶり開催する!

花火が見える場所を知りたいけど穴場じゃないと人混みイヤだってやっぱり思います。

どこか穴場で駐車場もあって、交通規制されないところないかな?

というわけで徹底調査して、どこに敦賀の花火が見える場所の穴場があるのかまとめました!

もちろん、駐車場があるのか交通規制がされているのかもまとめています。

2022年の敦賀の花火大会を楽しくするために、ぜひ最後までご覧ください!

 

敦賀花火の穴場2022見える場所どこ?

敦賀市の「とうろう流しと大花火大会2022」で穴場の花火が見える場所はここです!

  1. 井の口川防波堤
  2. 松原公園
  3. 手筒山展望台
  4. 若狭湾エネルギー研究センター
  5. 金ヶ崎緑地ボードデッキ
  6. 金ヶ崎城跡・金ヶ崎公園

それでは、さっそく花火が見える穴場を順にご紹介していきます!

井の口川防波堤(気比松原海水浴場付近)

  • 住所:〒914-0801 福井県敦賀市33 33号
  • 花火との直線距離:約0.5Km

井の口川と敦賀湾がつながるところにある防波堤です。

防波堤が海に突き出ているので、花火を邪魔するものはないでしょう。

防波堤なので、海や川に落ちないように注意してください。

松原公園

  • 住所:福井県敦賀市松島町33
  • 花火との直線距離:約0.5Km


なんと言っても花火の打ち上げ場所との近さが最大のポイントです。

穴場スポットの中では、知られている場所なので、人混みは避けられないかもしれません。

できれば海から少し離れた位置の方が人混みは避けられる可能性があります。

手筒山展望台

  • 住所:〒914-0071 福井県敦賀市泉
  • 花火との直線距離:約2.8Km

標高171mなので、海も敦賀市街も見渡せるのがポイントです。

花火打ち上げの場所から至近距離に花火とは違った、花火の大きさ、花火に照らされた海、街を見ることができるので綺麗な夜景が見えます。

花火が見える穴場としては、花火大会の会場から離れてもいるので人混みも会場よりは少ないでしょう。

展望台まで1.5kmほど歩く必要があり到着までに30分は時間がかかるので、早めに花火が見える場所を確保すると良いかもしれません。

若狭湾エネルギー研究センター

  • 住所:〒914-0135 福井県敦賀市長谷64−52−1
  • 花火との直線距離:約6Km

敦賀駅から約7km、車で約20分ほどの場所にあり、花火大会の会場から少し距離があります。

花火の打ち上げ場所から離れているのが難点ですが、高台になっているので花火が見える場所です。

人混みも花火大会の会場から距離があるので少なく、ゆっくりと花火が見える場所です。

金ヶ崎緑地ボードデッキ

  • 住所:〒914-0072 福井県敦賀市金ケ崎町1−1
  • 花火との直線距離:約2Km

敦賀港を見渡せる場所で、ボードデッキからは花火の打ち上げ場所も眺めることができます。

ただ、花火の打ち上げ場所との間に建物があるので、低い花火は見えない可能性がります。

高く打ち上がる花火、さらに大きく開く花火なら見えるでしょう。

金ヶ崎城跡・金ヶ崎公園

  • 住所:福井県敦賀市金ヶ崎町
  • 花火との直線距離:約2.7Km


ここも高台になるので、敦賀湾を一望できるでしょう。

木の伸び方によっては木が花火の邪魔になるかもしれません。

金ヶ崎城跡・金ヶ崎公園は独自予測による花火が見える穴場なので、確実に花火が見える場所なのか、下見をしてください。

以上、2022年の敦賀市の「とうろう流しと大花火大会2022」で穴場の花火が見える場所はどこなのかご紹介しました!

花火の打ち上げ場所の至近距離から、遠距離まで穴場の選択ができます。

どこで敦賀の花火を見るのか、花火が見える場所を決める時に6つの穴場もご参考にしてください。

 

敦賀とうろう流し2022の花火の開催日程や数は何発?

2022年の敦賀市の「とうろう流しと大花火大会」の開催日程や打ち上げの数は何発か、整理しました。

  • 花火大会の開催日程:2022年8月16日(日)19:30〜20:10
  • 花火の数:8,000発
  • 会場:気比の松原

例年は13,000発なんですが、今年は4年ぶりで期待していたんですけど、まだコロナの影響がありますね。

8,000発と花火を打ち上げる数は少ないですが、夏の風物詩ですから、花火大会が縮小されても開催するのは嬉しいです。

 

敦賀花火2022の穴場の駐車場や交通規制は?

2022年の敦賀市の「とうろう流しと大花火大会」で花火が見える場所の穴場6つの駐車場や渋滞情報はこうです!

井の口川防波堤

  • 駐車場:あり
  • 交通規制:なし
  • 渋滞:あり

松原公園

  • 駐車場:あり
  • 交通規制:なし
  • 渋滞:あり

手筒山展望台

  • 駐車場:あり
  • 交通規制:なし
  • 渋滞:なし

若狭湾エネルギー研究センター

  • 駐車場:あり
  • 交通規制:なし
  • 渋滞:なし

金ヶ崎緑地ボードデッキ

  • 駐車場:あり
  • 交通規制:なし
  • 渋滞:ほぼなし

金ヶ崎城跡・金ヶ崎公園

  • 駐車場:あり
  • 交通規制:なし
  • 渋滞:なし

以上、6つの穴場の駐車場、交通規制をご紹介しました!

交通規制がない穴場の渋滞はほぼないと考えて良いかもしれません。

ただ、毎年の傾向からの予測によるので今年は渋滞も考えられるので、時間に十分な余裕をもって花火を見てくださいね。

駐車場も満車に絶対ならないとは言い切れないので、駐車場はどこに何台分あるのか、移動経路や近道なども、詳しく下見しておくと花火大会当日はスムーズでしょう。

それに合わせて7つの穴場が花火が見える場所として合格なのかもチェックしておいてくださいね。

最後に、駐車場もですが、穴場の花火が見える場所にもゴミは捨てずに持ち帰りましょう。

ゴミや大声を出したりなど迷惑行為がひどい場合、来年から花火が見える穴場ではなく、花火大会の日は立ち入り禁止の場所にもなり得るからです。

 

まとめ

敦賀花火の穴場2022見える場所どこ?駐車場や交通規制は?と、題して徹底解説してきました!

4年ぶりの「とうろう流しと大花火大会2022」を楽しみたい、ただその思いで徹底的に調べました。

花火が見える場所ってけっこう知っているようで知らないんですよね。

穴場がどこにあって、駐車場の有無や交通規制されるのかされないのか?なかなか調査には手間がかかります。

でも、敦賀の花火の穴場を知ることができてすごく充実しました!

最後までご覧いただきありがとうございました!