KPOP

TWICEのダンスと歌の上手い順!ラップもランキングで徹底解説!

TWICEのダンスと歌の上手い順!ラップもランキングで徹底解説!

歌、ダンス、ラップ、ビジュアル、全てパーフェクトなアジアNo. 1ガールズグループのTWICE!

数多くのダンスグループがデビューし活躍する中、一際目立つ理由は、レベルの高いパフォーマンス!!

ではその中でも歌、ダンス、ラップが1番上手いのは、どのメンバーなのか?上手い順はどうなっているのか?

そこでこの記事では上手い順にランキングして、理由も合わせて徹底解説しました!

TWICEについて知りたい方、もっと詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

Contents

TWICEのダンス上手い順ランキング!

はじめにダンスの上手い順ランキングから、発表していきます。

2019年にリリースした「Feel Special」は、美しい振り付けもあり、時には力強さも感じられる部分もあり、高難度な楽曲になっています。

素敵なパフォーマンスを見せてくれるTWICEの中で、特にダンスが上手いメンバーは誰なのでしょうか?

 

【第1位 モモ】ダンスが上手い順の理由はなぜか徹底解説

やはり、第1位はメインダンサーとサブボーカルを担当するモモです!

パワフルでダイナミックなダンスが特徴的ですが、時には女性らしさを見せてくれるセクシーなダンスも印象的で、素晴らしいです。

曲中のモモのダンスブレイクは、毎回違う雰囲気を味わえるので、やはり1位はモモしかいません。

 

【第2位 ミナ】ダンスが上手い順の理由はなぜか徹底解説

第2位は、リードダンサー担当のミナです!幼少期、習っていたバレエの経験を活かした、しなやかで美しいダンスが魅力的です。

普段は清楚風ですが、パフォーマンス中はミナにしか出せない色気がある大人な感じも見せてくれます。

他のメンバーとは、少し違った特徴のミナは、ランキング上位です。

 

【第3位 ナヨン】ダンスが上手い順の理由はなぜか徹底解説

リードボーカルでもあり、リードダンサーでもあるナヨンは、ソロでもデビューしているほどの人気メンバーです。

曲の冒頭を任されている印象が強く、ナヨンの明るくて元気のあるパフォーマンスには目を惹かれます。

天性のアイドル、ナヨンは歌もダンスもできるので、第3位にしました。

 

【第4位 ジヒョ】ダンスが上手い順の理由はなぜか徹底解説

TWICEのリーダーであるジヒョは、歌唱力だけでなく、色気抜群のセクシーなダンスも魅力的です。

サビの部分では、安定した歌とレベルの高いパフォーマンスで、曲を盛り上げてくれます。

リーダーでもありますが、ナヨンの方が目立つ感じがあるので、ジヒョはナヨンに続いて、第4位だと思います。

 

【第5位 サナ】ダンスが上手い順の理由はなぜか徹底解説

サナはキュートなビジュアルを武器に可愛いダンスが特徴的です。

「Heart Shaker」など可愛らしい曲では、よりサナの魅力を表現してくれます。

TWICEのキューティーセクシーとして、大人な魅力も見せてくれます。

しかし、際立ってダンスで目立つ印象が少ないと思ったので、第5位にしました。

 

【第6位 ジョンヨン】ダンスが上手い順の理由はなぜか徹底解説

高身長で、手足が長い特徴を生かした美しいダンスを見せてくれるジョンヨン。

リードボーカルを担当していますが、ダンスも上手です。

JYP練習生になるまで、ダンス経験がありませんでしたが、他のメンバーに引けを取らないダンスを見せてくれます。

ダンスは、きれいだと思いますが、特徴的な部分がなかったので、第6位にしました。

 

【第7位 ツウィ】ダンスが上手い順の理由はなぜか徹底解説

TWICEのマンネline、ツウィはリードダンサー、サブボーカル担当です。

「世界で最も美しい顔」に選ばれたビジュアルとスタイルの良さを活かした、お手本のような綺麗なダンスが特徴的です。

しかし、他のメンバーと比べると表情が硬い印象があります。

まだまだ成長途中だと思い、第7位にしました。

 

【第8位 ダヒョン】ダンスが上手い順の理由はなぜか徹底解説

ダヒョンもTWICEのマンネlineで、妹感のある明るくて元気のあるパフォーマンスが特徴的です。

その可愛らしさは、見ている人を元気づけ、楽しくさせる力があります。

POPな感じの楽曲は、ダヒョンにピッタリです。

しかし、メリハリが少し、足りないかなと思いました。

ダヒョンも成長途中だと思い、第8位にしました。

 

【第9位 チェヨン】ダンスが上手い順の理由はなぜか徹底解説

もう1人のマンネlineのチェヨンは小柄ですが、自分のパートになると一瞬にしてチェヨンワールドにみんなを引き込みます。

メインラッパーとサブボーカルを担当しているので、あまり、前に出てパフォーマンスしていることが少ないので、第9位にしました。

しかし、彼女の自然体なパフォーマンスには引き込まれますよね。

 

TWICEの歌上手い順ランキング!

続いて、歌が上手い順ランキングを発表します。

TWICEはダンスに続いて、歌唱力もレベルが高いことで有名です。

2021年にリリースした「Fanfare」は、力強い歌声で応援してくれるとても素敵な楽曲です。

TWICEの中で、特に歌が上手いメンバーは誰なのでしょうか?

 

【第1位 ジヒョ】歌が上手い順の理由はなぜか徹底解説

やはり第1位は、リーダーでメインボーカルのジヒョです!

パワフルで、エネルギッシュな声で、人々を魅了していますよね。

メンバーの中でも、音程は一番安定していて、高音、低音パートも上手に歌いこなすので、第1位にしました。

どんな曲調でも完璧に歌いこなす、天才だと思います。

 

【第2位 ナヨン】歌が上手い順の理由はなぜか徹底解説

リードボーカル担当のナヨンは、曲の冒頭、サビをよく担当しているイメージがありますよね。

歌いだしは難しいのですが、安定感があり、サビはパワフルな高音で盛り上げてくれるのでジヒョに続き、第2位にしました。

TWICEの歌唱力を支える一人で、メンバー中でも頼りなるオンニですね。

 

【第3位 ミナ】歌が上手い順の理由はなぜか徹底解説

美しいビジュアルが特徴のミナは、そのビジュアル通りに声質も美しく、優しさを感じます。

ジヒョやナヨンのパワフルで、迫力がある歌い方とは、また違ったタイプですよね。

透き通った重みのある声で、曲に安定感をもたらしているので、第3位だと思います。

縁の下の力持ちのような存在だと感じます。

 

【第4位 ジョンヨン】歌が上手い順の理由はなぜか徹底解説

自然な地声で歌っている印象があるジョンヨンは、TWICEのリードボーカルを担当しています。

音程は安定していて、話しかけているような自然な感じに歌っているのが特徴的で、美しいので、第4位にしました。

癖のないジョンヨンの綺麗な歌声は、自然に耳に入ってきて、心地よいです。

 

【第5位 サナ】歌が上手い順の理由はなぜか徹底解説

サナの可愛いビジュアルから出る声は、やはりキュートで魅力的です。

他のメンバーとは、声質が少し異なり、サナのパフォーマンスをより良く見せてくれます。

時々、サビも歌っていて安定しているので、第5位にしました。

本当にいつもサナの可愛さに引き込まれ、ずっとサナを見ていたいと感じさせます。

 

【第6位 ツウィ】歌が上手い順の理由はなぜか徹底解説

ツウィは、お手本のような安定した声で歌っている印象がありますが、感情があまり声に乗っていない気がしたので、第6位にしました。

しかし、最近は時々、表現力豊かなかわいいツウィも見られるので、歌う時の表現力についても成長しているようです。

これからのツウィが楽しみですね。

 

【第7位 チェヨン】歌が上手い順の理由はなぜか徹底解説

ラップをメインに担当しているので、歌のパートは少なめのチェヨンです。

「Feel Special」の曲の冒頭を歌っていた際は、癖のない安定した声で歌っていたので、第7位にしました。

ラップパート以外を歌っている姿は、新鮮な感じがするので、もっとチェヨンの様々なパートも聞きたいですね。

 

【第8位 ダヒョン】歌が上手い順の理由はなぜか徹底解説

ダヒョンは歌っている歳、少し声が小さい印象があり、ラップ以外のパートでは、あまり目立っていない感じがしたので、第9位にしました。

しかし、ゆっくりとしたバラード曲では、ダヒョンの綺麗な声を聞くことができます。

チェヨンと同じように、もっと他のパートを歌っている姿を見たいです。

 

【第9位 モモ】歌が上手い順の理由はなぜか徹底解説

モモは、他のメンバーよりも比較的地声が低いのが特徴です。

高音を出すのが苦手なイメージがあり、第9位にしました。

しかし、その特徴的な声質は、耳に残りやすく、すぐにモモが歌っているとわかります。

普段は歌割が少ない印象があるので、ファンとしては、少し残念に思うところもあるかもしれません。

 

TWICEのラップが上手い順ランキング!

最後にラップが上手い順ランキングを発表します。

K‐POPは、やはりラップが外せません!

2021年にリリースした「Perfect World」は、スピーディーで迫力あるラップが、かっこいいですよね!

では、TWICEの中で特にラップが上手いメンバーは誰なのでしょうか?

 

【第1位 チェヨン】ラップが上手い順の理由はなぜか徹底解説

やはり第1位は、メインラッパーのチェヨン!クールで、かっこいいチェヨンのラップは、数多く存在するガールズグループ内でも、レベルが高いことがわかります。

だから第1位は、チェヨン以外考えられません。

ラップ担当はパートが少ないですが、その中でも、いつも十分にチェヨンの魅力を見せてくれます。

 

【第2位 ダヒョン】ラップが上手い順の理由はなぜか徹底解説

ダヒョンはチェヨンにつづき、TWICEのラップパートを支えるリードラッパー担当です。

明るくて元気のあるダヒョンは、誰よりもノリが良いラップを披露してくれるので、第2位です。

チェヨンとダヒョン、2人のマンネlineが交互に歌うラップパートは魅力的でいつまでも見ていられます。

 

【第3位 ジヒョ】ラップが上手い順の理由はなぜか徹底解説

メインボーカル担当のジヒョは、ラップも上手な印象があります。

普段は、サビパートよく歌っているので、あまり見たことがありませんよね。

しかし、パワフルなラップができるので、第3位にしました。

ジヒョのラップを普段もっと見たいですよね。

ジヒョオンニは、何でもこなす、TWICEのスーパーリーダーなのです。

 

【第4位 モモ】ラップが上手い順の理由はなぜか徹底解説

モモの声質は、低音で鼻に抜けるような特徴があります。

その特徴は、ラップテイストがよく合い、実際リズムの取り方などもとても上手だと思ったので、第4位にしました。

普段は、ラップパートがあまりありませんが、モモの声質の特徴が活かせるラップパートがもっと増え、聞けるといいなと思いました。

 

【第5位 ナヨン】ラップが上手い順の理由はなぜか徹底解説

リードボーカルのナヨンのラップパートはあまり見ませんし、イメージもありませんでした。

でも、2022年にリリースしたナヨンのソロ曲「POP!」では、パワフルなラップを披露しています。

ナヨンもラップが上手だったので、第5位にしました。

ナヨンオンニも、歌もダンスもラップも上手なオールマイティーですね。

 

【第6位 ミナ】ラップが上手い順の理由はなぜか徹底解説

普段は清楚風のミナですが、ラップパートではクールでカッコよく、リズム感も良かったので、第6位だと思いました。

しなやかで、美しいミナも良いですが、普段と違った姿を見られるのは、嬉しいですよね。

ミナも普段は、ラップパートは少ないので、もっと増えるといいなと思いました。

 

【第7位 サナ&ツウィ&ジョンヨン】ラップが上手い順の理由はなぜか徹底解説

サナ、ツウィ、ジョンヨン、この3人は第7位にしました。

普段、あまりラップを担当していないメンバーだからです。

TWICEのラップは、チェヨンとダヒョンがほぼ担当しているからですね。

それぞれ得意、不得意なことをカバーでき、支えあっていくことができる、グループユニットは、良い関係を築くことができて、とてもいいと思います。

 

まとめ

TWICEの歌、ダンス、ラップの上手い順を、ランキングでご紹介しました。

それぞれランキングにして上手い順に順位をつけましたが、TWICEのパフォーマンスは他のガールズグループと比べて、圧倒的にレベルが違います。

それは、メンバー全員デビューする前からダンス、歌、ラップと様々な練習を一生懸命こなし、人一倍努力してきたからだと思います。

男女問わず人気のグループですよね!

そんな素晴らしいTWICEをこれからも、皆さんで応援していきましょう!!