アニメ

煉獄は耳が聞こえないから声が大きい?鼓膜が破れた後遺症?

煉獄は耳が聞こえないから声が大きい?鼓膜が破れた後遺症?

鬼滅の刃の炎柱の煉獄杏寿郎の声が大きいのは、耳が聞こえないからなのかって気になりますよね?

煉獄の声が大きいのは、鼓膜が破れた後遺症で、耳が聞こえないからなのかも気になります!

煉獄の耳が聞こえない理由は、鼓膜が破れた後遺症なのか?

この記事では、煉獄の声が大きいのは、耳が聞こえないからなのか解説します!

さらに、煉獄の声が大きい理由は、鼓膜が破れた後遺症で、耳が聞こえないからなのかも解説しますので、ぜひ、最後までご覧ください!

煉獄の声が大きいのは耳が聞こえないから?

鬼滅の刃の炎柱の煉獄杏寿郎。煉獄の声は大きいですよね!

炭治郎や善逸は、無限列車編で煉獄が弁当箱を「うまい!」と食べるシーンでは、炭治郎と善逸は耳を塞いでも煉獄の声に圧倒されています。

煉獄の声が大きいという感想はすごく多いので、感想をご紹介します。

  • 煉獄さんは鬼がいない時代なら、舞台役者向いてるね!
  • 煉獄さん、顔が濃い、声がでかい、背が高い、けっきょく好き。
  • 煉獄さんは、目も合わせられない声のでかさヤバい人。
  • 煉獄さん、やたら声がでかいので知らん人がビビる!
  • 煉獄さんが 「皆!おはよう!」って言うだけでみんな起きそうに声がでかい!
  • 煉獄さんって声大きいし豪快なイメージでも、上品!
  • 煉獄さん、、、ずっと声でかい、、、。
  • 煉獄さんのLINEスタンプ送ったら、うるさいっ!て怒られました(汗)。
  • 善逸の声が大きくてうるさい?だったら、煉獄の声の大きさはどうなるの!
  • 煉獄さんの声がデカッッッッ!って騒いでる、善逸がうるさい!
  • 煉獄さんの声を聴きながら寝たい。きっとうるさいけども。
  • 煉獄さん、ちょっと声高い…もうちょっと低めの圧が欲しい…軽い感じがしてもったいない。
  • 煉獄さんの声初めて聞いたら…もっとうるさいのかと思ってたのに低くてかっこヨシ!
  • 煉獄さん!!声キレイすぎ!!
  • 煉獄さんは元気いっぱい!声の圧が凄まじすぎて笑ってしまった(笑)!
  • 煉獄さん、声んぽ圧だけで蝋燭の火消せそうだ!

煉獄さんの声の大きさの感想は、豪快、上品、ビビる、うるさい、綺麗な声、声の圧力がすごいなど、声にインパクトがあるという感想になっています。

どの感想見ても、煉獄は声が大きい、でかい、うるさいなど声量、声の圧が目立つ感想になっていました。

では、なぜ煉獄の声は大きいのでしょうか?

煉獄は声が大きいけど耳は聞こえない?

「煉獄は耳が聞こえないから自分の声も大きいのでは?」。

煉獄の声が大きい理由は、耳が聞こえないからだと噂されています!

本当に煉獄は耳が聞こえないのでしょうか?

結論から言えば、煉獄は耳が聞こえています!

耳が聞こえないと、自分の言葉でさえ何と発音しているか、わかりません。

耳が聞こえないなら手話や筆談をします。

日本では1878年に手話が誕生。筆談は読み書きがあればできる。煉獄の生きているのは大正時代なので、手話の誕生から40年以上は過ぎていて、手話は一般に広がっている。

煉獄は読み書きもできる。

コミュニケーションに必要なら煉獄は手話も筆談もできるのに、そんなシーンはひとつもありません。

鬼殺隊のお館さま、柱たち、炭治郎たちとも、煉獄は普通に言葉の会話でコミュニケーションしてます。

言葉が聞こえ辛くて、相手に聞き返しているシーンもない。

煉獄は耳が聞こえないという噂は説得に欠けます!

しかし、煉獄の耳が聞こえないと言うのには根拠があります。なぜなら、漫画のストーリーの中で、煉獄の鼓膜が破れているシーンがあったからでした!

煉獄の耳は聞こえています!しかし、鼓膜は破れていたのです!

煉獄の声が大きいのは鼓膜が破れた後遺症で耳が聞こえないから?

煉獄は一度鼓膜を破壊しています。しかし、鼓膜は1ヶ月もあれば自然に破れた鼓膜は治ると言われています。

煉獄が生きた大正時代に、特殊な鼓膜の治療法がなくても、鼓膜が破れたら自然に治ることも多い。

では、耳の鼓膜が破れたら治っても後遺症は残るのか?

鼓膜よりも耳の奥にまで傷がおよぶと難聴などの後遺症を残すこともあります。

煉獄は難聴になっていません。話している相手に煉獄が話の内容を聞き返すシーンもありません。

難聴以外に鼓膜が破れた後遺症があるのか徹底調査しましたが、難聴を後遺症として例に挙げる説明は多いのですが、難聴以外の後遺症に触れているものは見つかりませんでした!

煉獄が鼓膜を破っていたのは事実。破れた鼓膜は1ヶ月で自然に治る。鼓膜を破った後遺症として煉獄が難聴になっているシーンは鬼滅の刃にはない!

煉獄の声が大きい理由は、鼓膜が破れた後遺症で耳が聞こえないからではありません!

なぜ煉獄は声が大きいのか?

煉獄は少年時代、鬼殺隊炎柱の父から情熱的な指導を受けて育ちました。煉獄は「心を燃やせ!」、「胸を張って生きろ!」という遺言のとおり、炎のように熱く燃える男。

煉獄は正義感が強く、豪快で、揺るぎない信念を貫く生き方に徹します。

煉獄の生き方を貫くのに気合い、熱意がひとつひとつのセリフの言葉の大きさとなって、声が大きくなっているのです!

煉獄の生きる意志の力強さを感じさせるほどの圧力が、声の圧力となって溢れていると言えます。

煉獄が耳の鼓膜を自分で破ったシーン

煉獄が耳の鼓膜を破ったのはどういうシーンだったのか。

煉獄の鬼殺隊としての初任務の時、相手の鬼は笛の音を聞かせることで人間の運動機能を狂わせる血鬼術を使っていました。

煉獄としては、鬼に体の動きを止められるわけにはいかない。煉獄は耳を塞いで鬼の笛の根を聞かないようにしたいところ。

しかし、日輪刀を持っていると両耳は塞げないし、両耳を塞げば日輪刀で鬼を斬り殺せない。

煉獄が選んだ選択は、自分で自分の鼓膜を破り、鬼の笛の音を聞こえないようにすることでした。

鬼はまさか煉獄が両耳の鼓膜を破るとは思わず、煉獄に日輪刀で斬り殺されます。

煉獄が耳の鼓膜を自分で破ったのは、鬼殺隊としての初任務の時でした。

煉獄の両耳の鼓膜を自分で破る行動には、やはり声の圧力と同様に、煉獄の生きる意志の力強さを感じさせるほどの圧力を感じます。

煉獄の生きる意志の力強さを感じさせるほどの圧力を思えば、煉獄の生き方を貫くのに気合い、熱意がひとつひとつのセリフの言葉の大きさとなって、煉獄の声が大きくなっているとわかります!

煉獄の生きる意志の力強さは「俺は俺の責務をまっとうする」と言って、煉獄が死ぬまで貫かれた。

実は煉獄が死ぬシーンは他の作品からパクっていると噂されているんです。

>>煉獄が死ぬシーンはどこからパクった??

まとめ

鬼滅の刃の炎柱の煉獄杏寿郎の声が大きいのは、耳が聞こえないからなのかを解説してきました!

煉獄の声が大きいのは、鼓膜が破れた後遺症で、耳が聞こえないからなのかも解説しました!

煉獄の耳が聞こえない理由は、鼓膜が破れた後遺症でもなく、そもそも煉獄は耳が聞こえていないということもなかった!

煉獄の声が大きいのは、耳が聞こえないからではなく、煉獄の生き方を貫くのに気合い、熱意がひとつひとつのセリフの言葉の大きさとなって、煉獄の声を大きくしていたのが理由でした!

最後までご覧いただきありがとうございました!