エンタメ

東京と大阪の遠距離恋愛で交通費はいくら?デート代の平均は?

東京と大阪の遠距離恋愛で交通費はいくら?デート代の平均は?

Pocket

東京と大阪で遠距離恋愛してるといくらでもお金が必要になりそう。

交通費だけでも気が遠くなるような気がする。

デート代もいるからとてもじゃないけど負担感がハンパない、平均的にはどれくらいかかるのか?

東京と大阪の遠距離恋愛する大きな負担の交通費と、肝心のデート代。

平均的には一体いくら必要なのか、徹底調査したのでぜひ最後までご覧ください!


東京と大阪の遠距離恋愛で交通費はいくら?

東京と大阪の交通費は一体いくらなのか?このくらい必要になります。

  • 夜行バス(片道) 4,400円
  • 飛行機(片道) 4,590円
  • 新幹線(片道) 14,920円

東京と大阪の往復で交通費は少なくとも、9,000円は必要になります。

遠距離で1年で会う頻度から、必要になる年間の交通費はこうです。

遠距離で1年で会う頻度から、必要になる年間の交通費はこうです。

夜行バス飛行機新幹線
0回0円0円0円
1週で1回422,400円440,640円1,432,320円
2週で1回211,200円220,320円716,160円
1ヶ月で1回105,600円110,160円358,080円
2ヶ月で1回52,800円55,080円179,040円
3ヶ月で1回35,200円36,720円119,360円
4ヶ月で1回26,400円27,540円89,520円
5ヶ月で1回17,600円18,360円59,680円
6ヶ月で1回17,600円18,360円59,680円
12ヶ月で1回8,800円9,180円29,840円

月1が会う頻度で最も多いので、年間で約10万円以上、交通費に使える経済事情のカップルが多いということになります。

東京と大阪の遠距離の交通費は高い

貯金や月収から交通費は高いのか安いのか?いくらなのか計算すると、遠距離の交通費は高いのが実情です。

単身世帯の貯金や株などの資産を国が調べた結果から、東京と大阪の遠距離の交通費が高いのが実情だとわかります。

国の調査からわかる、普通の人の実態はこうです。

  • 20-59歳まで独身者の貯金は80万円もない
  • 年収が500万円でも貯金は最大でも130万円しかない
  • 20代で年収300万円だと貯金は10万円
  • 30代で年収500面円だと貯金は130万円

東京と大阪の遠距離の交通費は安くても往復で1万円、新幹線だと3万円です。

20代だと、貯金が10万円しかないのに、交通費に1-3万円必要。

毎月1万円貯金できれば、普通の人の貯金(10万円)よりも貯金できます。

10年貯金を続ければ「30代で年収500面円だと貯金は130万円」の人と同じ貯金ができます。

毎月3万円貯金できれば、10年後には360万円貯金できる。

交通費は本当に高いと思うのが、東京と大阪で遠距離する普通の人の実態なのです。

実際に国の調査結果、とくに平均よりも中央値(普通の人の実態)を見てください。

年代平均中央値
20代106万円5万円
30代359万円77万円
40代564万円50万円
50代926万円54万円
60代1335万円300万円
年齢別貯金額

年間収入平均中央値
収入はない125万円0万円
300万円未満407万円10万円
300~500万円未満669万円130万円
500~750万円未満1570万円600万円
750~1000万円未満2846万円1745万円
1000~1200万円未満6131万円2915万円
1200万円以上5209万円1330万円
年収別貯金額

国の調査はいずれも、『金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和元年)』から引用してます。

年収が500万円~750万円以上じゃないと、毎月1万円以上の交通費は高いのが実情です。

交通費は割り勘

交通費は独身だと負担が強いので、カップルで割り勘にするのが良いです。

交通費の負担から、東京と大阪で遠距離を続けることに疑問をもつようにもなります。

交通費の負担が強すぎて、嫌々ながら別れてしまったカップルもかなりいる。

交通費をカップルのどちらかが負担し続けると、精神的な負担が強く余裕がなくなります。

  • 彼女ばかりが会いに行くと彼女の負担が大きい
  • 彼氏ばかりが会いに行くと彼氏の負担が大きい
  • 彼氏と彼女が順番に会いに行くと彼氏も彼女も負担が減る

割り勘とは別の方法だと、東京と大阪の中間地点で会うなら交通費が半額、カップルそれぞれで負担する方法も単純に考えることができます。

交通費は割り勘にする、中間地点で会うなど、カップルでお互いが負担になりすぎないルールを決めるのが、長続きするポイントです。

交通費を出してくれない場合

交通費をカップルのどちらかが出してくれないなら、まずは話し合いを提案しましょう。

それぞれのカップルにいろいろな事情がありますが、お金の問題は無視できるものではありません。

社会人でなくとも学生であっても付き合うなら、必要な支払いはカップルの問題です。

カップルはお互いに、必要な支払いをするお金の負担に責任があります。

東京と大阪を行き来しないと会えないなら、交通費はカップルでいつづけるために、2人にとって必要な支払いです。

交通費の支払いをするお金の責任から、相手が逃げるようなら、付き合う目的(結婚や遊びなど)を思い出してください。

交通費の負担をしなかったらいくらになり、交通費の支払いを他に使うことで、将来の自分のために何ができるのか考えても良いでしょう。

お金の価値観は相手と結婚してからも重要なので、お金の問題になっている交通費をなぜ出してくれないのか話し合いを提案してみましょう。


東京と大阪の遠距離恋愛で交通費以外のデート代の平均はいくら?

いくらなのか徹底調査したところ、東京と大阪の遠距離恋愛で交通費以外のデート代の平均は5,000円です。

交通費以外のデート代の内訳はこうです。

  • 昼食1,500円
  • カフェ代など 1,000円
  • テーマパークなど 2,500円

あくまで平均なので、普通の人の実態だともう少し安く抑えているでしょう。

平均だと10,000円をデート代に使っている人も、1,000円でデート代を抑えている人も一緒にした計算になるからです。

デート代も割り勘にしているカップルは多いですが、男性と女性でデート代を払っている金額もてっち調査したら、違いがありました。

  • 男性 7,000円
  • 女性 3,000円

男性の方が女性より多く割り勘して払っています。

男性と女性の支払い金額の合計は10,000円なので、平均すると5,000円です。

  • 男性の方が女性の倍以上のお金を払っている
  • 平均より男性は2,000円多くデート代を払っている
  • 平均より女性は2,000円少なくデート代を払っている

こういう結果でした。

デート代の金額は収入に合わせる

東京と大阪の交通費だけでも高いのに、デート代も別に必要になるので、収入に無理のない金額にデート代を合わせると良いです。

交通費を安く抑えてもデート代の金額が高いと、結局、精神的に辛くなり長続きしにくくなるからです。

できるだけ生活収入にあった、デート代を交通費も含めて計算することが必要です。

しかし、たまにはお金の心配もせずにデートを満喫したいものです。

できるだけ、デート代を節約して、節約したデート代を専用の銀行口座に貯金する。

例えば、テーマパークには行かずに公園や無料のスポットでデートすると、少なくとも1,000円はデート代を節約できます。

デート代を節約するといくらになるのか?

1回のデート代を1,000円節約するのを半年続けると、6,000円貯まります。

6,000円もあれば豪華な食事を一緒にできるし、いつもよりワンランクアップしたグレードの高いイベントにも、予算の心配をせずに参加できます。

デート代を収入に合わせて節約することで、いつもよりワンランクアップしたデートを満喫できるでしょう。

交通費やデート費用を安くする方法

交通費やデートに必要なコストを安くする方法を見つけると良いです。

コストを安くする方法はこうです。

  • 早割を利用する
  • ポイントを使う
  • ポイ活をする

新幹線、飛行機、バスには早割があります。

社会人でも学生でも新幹線の指定席には、割引率が40%以上の場合もあり、早割を3回利用することで、1回分の料金が安くなる可能性があります。

JALだとJALカードで毎月の電気代などの固定費を払うことでマイル(ポイント)が貯まるので、航空券代に使えます。

社会人だと出張で飛行機を使うこともあるので、会社にもよりますがマイルは貯まりやすいかもしれません。

社会人だと『モッピー』などでポイ活すると、ポイントをマイルに交換して使うこともできます。

コストを安く抑えて、新幹線、飛行機、バスの1回分の料金を貯めれば、交通費を安くもできるし、デートの内容をグレードアップできます。

実際のところ交通費やデート代を考えたら、なかなか貯金もできなかったりと、お金の事情が大変です。

自分の収入だと交通費やデート代も考えると、相手と会う頻度は月1が精一杯かも。

でも平均的な会う頻度って一体どのくらい?そんな悩みは尽きないですね。

>>東京と大阪の遠距離で会う頻度はどのくらい?社会人で月1は少ない?👈


まとめ

東京と大阪の遠距離恋愛で交通費はいくら?デート代の平均は?と題して解説してきました!

ここまで解説してきた、東京と大阪でも長続きするポイントをご参考にしてください。

遠距離恋愛なので交通費はもっともお金の負担がかかるコストです。

加えて肝心なデート代も必要なので、お金は確保したいものですよね!

平均的にはいくら交通費とデート代で必要なのか、とくにこのポイントが重要になってきます。

ぜひ、成功するためにポイントを押さえてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!