エンタメ

東京と大阪の遠距離で会う頻度はどのくらい?社会人で月1は少ない?

東京と大阪の遠距離で会う頻度はどのくらい?社会人で月1は少ない?

Pocket

東京と大阪って遠距離だから、これからどうしたら良いんだろうか不安です。

会う頻度は社会人なら平均どのくらいなのか、はっきりとわからない。

月1なら月収(給料)や仕事の時間を考えてもなんとかなりそうな気がするけど少ない気がする。

東京と大阪の遠距離で会う頻度がどのくらいが平均なのかわかれば、これからどうしたら良いか参考にしたい。

社会人で月1って、本当のところ多いのか少ないのかも徹底調査しました!

ぜひ、最後までご覧ください!


東京と大阪の遠距離で会う頻度はどのくらい?

東京と大阪で遠距離なカップルの会う頻度は、独自調査では月1が最も多いです。

この表は、東京と大阪には限定しませんが、遠距離で1年で会う頻度はどのくらいかを独自調査した結果です。

  • 0回 11%
  • 1週で1回 5%
  • 2週で1回 8%
  • 1ヶ月で1回 40%
  • 2ヶ月で1回  11%
  • 3ヶ月で1回 2%
  • 4ヶ月で1回 3%
  • 5ヶ月で1回 1%
  • 6ヶ月で1回 15%
  • 12ヶ月で1回 4%

この調査結果から遠距離の会う頻度についてわかるのはこうです。

  • 会う頻度には一定の期間を設定している
  • 頑張って月1より多く会う人もいる
  • とくに1ヶ月が会う頻度にちょうど良い
  • 会う頻度は少なくとも半年に1回のカップルは85%以上

会う頻度に一定の期間(月1、隔月、4半期、3半期、半年)を設定しているのは、経済事情、交通事情が複雑に絡んでいます。

なぜ一定の期間が経済事情、交通事情が複雑に絡んでくるのか理由を解説します。

東京と大阪の遠距離で会う頻度と経済事情

年収や月収などカップルの毎月の収入と支出のバランスで、交通費に支払える金額は異なります。

東京と大阪の遠距離で会う頻度が多くなればなるほど、飛行機や電車代、バス代もちろんデート代などが必要になる。

半年に1回以内で1回は少なくとも会う頻度だと、85%のカップルが遠距離で会っているのは、半年に一回はボーナスが入るのも経済事情にあると言えます。

また、経済事情ばかりではなく、年末年始、お盆などの帰省を使って半年に1回は会える頻度に設定してるカップルもいるとも言えます。

東京と大阪の遠距離で会う頻度と交通事情

東京と大阪の交通事情は、大都市から大都市への移動なので便数も多く、生活スタイルに合わせた移動方法を選択できます。

さきほどの料金の比較で見たように、新幹線が一番経済的に高いので、夜行バス、飛行機にアクセスしやすいと良いでしょう。

飛行機だと、関西国際空港や伊丹空港、羽田空港までの移動時間が、カップルの自宅から1時間以内だとストレスも少ないと言えます。

バスや新幹線だとJR大阪駅やJR東京駅などバスターミナルのある駅と、カップルの自宅との移動時間が1時間以内だとストレスも少ないと言えます。

反対に、自宅から1時間を超えると東京と大阪の移動には、翌日の日程を考えると会うのを先延ばしにせざるを得ないストレスは増えるかもしれません。

東京と大阪の遠距離で会う頻度は、東京や大阪から自宅に帰った翌日の仕事などのスケジュール調整とも事情が絡みます。

東京と大阪の遠距離で会う頻度には、収入が入る一定の期間(半年ごとのボーナス日や毎月の給料日など)の経済事情、自宅と空港、駅までの交通事情が複雑に絡んで決まります。


東京と大阪の遠距離で会う頻度は社会人で月1は少ない?

東京と大阪で遠距離なカップルの会う頻度は、独自調査では月1が最も多いので、月1の頻度は決して少ないとは言えません。

独自調査以外でもインターネットで調べると、月1会っていたという社会人、学生の体験談やアンケート結果も確認できます。

東京と大阪の遠距離で会う頻度が月1なのは、少ないというより、むしろ月1の会う頻度は社会人でも普通。

平均しても、遠距離で月1は40%あるので、平均以上の会う頻度と言えます。

月1の頻度が少ないと思うなら、そう思う理由にもよりますが、会う頻度を増やすか、コミュニケーションを密に取ると良い。

コミュニケーションを増やす方法は、オンライン化が進んだ現在では、スマホがあるだけでもかなり方法はあります。

  • LINEのビデオ通話
  • ZOOM
  • Skype

社会人にも学生にもユーザーの多いこの3つの無料アプリを使うだけでも、顔や部屋を移しながらコミュニケーションできます。

毎回、動画は面倒というなら、1分だけの通話を毎日でも、2-3日おきにでもするだけで、寂しい気持ちは減るでしょう。

遠距離で会う頻度が少ない場合の対策方法

会う頻度が少ないと思うなら、社会人でも学生でもカップルでコミュニケーションするスケジュールをたてるのも一つの方法です。

コミュニケーションするスケジュールには、束縛を感じさせないくらいの密なスケジュールがポイントです。

程よい密なコミュニケーションのメリットです。

  • お互いの生活や状況に心を配れる
  • 寂しさから別れてしまう可能性を減らせる
  • 寂しさからの浮気の可能性を減らせる
  • 浮気をしているのか観察できる
  • 寂しさが減るので長続きする可能性が高くなる
  • 会う頻度が少なくても済むので経済的負担が減る

遠距離で会う頻度が月1だと少ないと思っても、コミュニケーションする方法やスケジュールをたてることでメリットはたくさんです。

しかし、反対にコミュニケーションを密にするデメリットはこう。

  • 毎日コミュニケーションするのが義務で負担に感じる
  • カップルの生活時間が合わないとスケジュールを立てられない

案外、デメリットは少ないです。

東京と大阪の遠距離で会う頻度が月1で少ないなら、ビデオ通話や電話でコミュニケーションを密にするのは、長続きするためのポイントです。

しかし、メリットは多くて、しかもデメリットが少なくても、物足りない。

現実問題、会えないのだから物足りないのは普通。

そんな場合は、会う頻度を増やす方法を見つけると良いです。

東京と大阪の遠距離でも会う頻度を増やす方法

東京と大阪の遠距離でも会う頻度を増やす方法はあります。

  • 交通費を安くする
  • デート代を安くする
  • 交通費を割り勘にする

こういった方法なら誰でも取り組めます。

社会人だろうと、ビデオ通話や電話でのコミュニケーションだとどうしても物足りなさを残します。

東京と大阪の遠距離でも会う頻度を増やすには、コストを安くする方法を見つけるのは重要です。

お互いがコミュニケーションする気持ちを持ちあい、寂しさに負けないこと、月1以上に会う頻度を増やすことが、東京と大阪という遠距離でも恋愛を成功させるポイントです。

>>交通費やデート代を安くする方法は?👈


まとめ

東京と大阪の遠距離で会う頻度はどのくらい?社会人で月1は少ない?と題して解説してきました。

東京と大阪の遠距離は本当に考えることがたくさんですよね。

でも、平均的なデータがわかれば参考になったと思います。

会う頻度が少ないと寂しさも募ってきて心穏やかにはいられません。

だからこそ、社会人だと月1は少ないのか、もっと会うにはどうしたら良いのか方法を解説しました。

長続きするカップルはいろんな方法を考えて、長続きしたのがわかりました!

最後までご覧いただきありがとうございました!