アニメ

ヴァイオレットがブローチを噛む理由はなぜ?エメラルドの意味は?

ヴァイオレットがブローチを噛む理由はなぜ?エメラルドの意味は?

Pocket

ヴァイオレット・エヴァーガーデンで、ヴァイオレットがブローチを噛む理由はなぜか気になりますよね?

なぜかヴァイオレットが噛むブローチの宝石、エメラルドの意味も気になってしまいます!

ヴァイオレットがブローチを噛む理由と、エメラルドの意味はつながっているのか?

この記事では、ヴァイオレットがブローチを噛む理由はなぜなのか解説します!

さらに、ブローチの宝石のエメラルドの意味も解説しますので、ぜひ最後までご覧ください!


ヴァイオレットがブローチを噛む理由はなぜ?

ヴァイオレットがブローチを噛む理由は、自分の感情がわからなくなった時に、心の中で感情が処理できていないからです。

心の中で感情が処理できなくなった時に出るサインが「噛む」で、幼児が指を噛むのと同じです。

ヴァイオレットがブローチを噛むシーンは、ギルベルト少佐を強く思っているときの、ヴァイオレットが心の内で感情を処理できないサインなのです。

戦争の道具とされた孤児で、愛情も知らず精神的に未成熟な生い立ちのヴァイオレットの、ストレスやフラストレーションの表れが、噛む癖なのです。

もう一つ理由があります。

ヴァイオレットがブローチを噛む理由は、義手ではギルベルト少佐の瞳と同じ色のブローチの感覚、つまりギルベルト少佐の感覚がわからないから、噛んでいるのかもしれません。

ヴァイオレットは、なぜブローチを噛む理由はこうです。

  • 心の内で感情を処理できないから。
  • 義手だと、ギルベルト少佐の感覚がわからないから。

ヴァイオレットがブローチを噛むシーンから、ブローチを噛む理由を解説します。

ヴァイオレットがブローチを噛む第2話のシーンの解説

ヴァイオレットは、タイピングを始めた当初、義手の手袋も口で噛んで外していました。

ドールとして働き始めた時、ヴァイオレットは感情を処理することができなかったのでしょう。

テレビアニメ第2話でヴァイオレットがブローチを噛むシーンがあります。

さまざまな感情、愛を知ることでヴァイオレットは成長するのですが、ブローチを噛んだ第2話から一転して、第3話ではヴァイオレットに変化が起こります。

感情の処理との葛藤から、ギルベルト少佐を想ってブローチを握りかけようとして、手を止めたヴァイオレット。

そのあとヴァイオレットはブローチも噛まず、手袋も噛まずに義手で外して、ドールとして人の心、思いを適切に処理して手紙を代筆しています。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの石立太一監督は、ヴァイオレットが赤ん坊から未就学の児童(6歳未満)に成長する物語だとメイキングステージで話している。

ヴァイオレットの精神年齢は6歳未満だと言っていることから、噛み癖と精神年齢はピッタリと合うのです。

6歳未満の子供は感情を言葉にして放出できないので、噛むことで意思表示しますし、精神安定にもつながります。

ヴァイオレットがブローチを噛む第7話のシーンの解説

アニメの第7話でもヴァイオレットはブローチを噛む。

感情が理解できず、ストレスやフラストレーションを感じるとブローチを噛むのですが、徐々に精神年齢が発達していくアニメでは久しぶりのシーンです。

アニメの第7話では、代筆を依頼したオスカーの家族との死別の苦しみを、ドールとして理解する必要があった時のシーン。

ヴァイオレットは家族と死別した、オスカーの離別する愛の苦しみを理解するために感情が葛藤してブローチを噛みました。

ギルベルト少佐が死んでいたとしたらという、仮説も立てながら、離別する愛の苦しみを理解しようとしたのでしょう。

オスカーの苦しみを理解するには、ヴァイオレットもギルベルト少佐との離別を受け入れる必要がある。

ヴァイオレットの心は常に「少佐!」と誰の前でも言うようにギルベルト少佐に向かっています。

ギルベルト少佐は死んでいると受け入れるためには、ブローチを噛むという精神年齢にまで、ヴァイオレットは追い詰められたのです。

ヴァイオレットがブローチを噛む理由は、少佐の瞳と同じ色のブローチを両手で握りしめて、ギルベルト少佐を感じたいからなのかもしれません。

結末ではヴァイオレットは、最後は代筆をやり遂げる。

ギルベルト少佐の死を仮説でも受け入れたヴァイオレットは、さらに感情を理解して成長を遂げたのでした。


ヴァイオレットが噛むブローチのエメラルドの意味は?

原作にも書かれているように、ヴァイオレットの噛むブローチの宝石はエメラルドです。

オーバル・カボショーンカットを施したエメラルド。

エメラルドの意味は「愛」です。

エメラルドの意味は、ヴァイオレットの名前の意味と同じですね。

ヴァイオレットはエメラルドのブローチを初めて見た時に「少佐の瞳と同じ色」だと言っています。

ブローチのエメラルドの意味は、2つの意味があります。

  • ギルベルト少佐の瞳の色
  • ヴァイオレットの名前の意味「愛」

エメラルドの2つの意味は、ヴァイオレット・エヴァーガーデンという名前に、つながっています。

なぜ、どのようにして2つの意味はつながるのか、ヴァイオレット・エヴァーガーデンという名前の意味からわかります!

ヴァイオレットの名字のエヴァーガーデンは「永遠なる庭園」を意味しているのですが、美しさが際立つエメラルドはフランスでは「ジャルダン(庭園)」と呼ばれます。

ヴァイオレットは、ブローチのエメラルドを「美しい」と言っています。

ヴァイオレットにとって、ブローチのエメラルドは美しさが際立つエメラルドの「ジャルダン」です。

ヴァイオレットにとっては、ギルベルト少佐の瞳の色は、ジャルダンつまり、「永遠なる庭園」のエヴァーガーデンの意味を持ちます。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンという名前にはこういう意味がある。

  • ヴァイオレットは「愛」(エメラルドの宝石の意味、ギルベルト少佐が名付けた名前)
  • エヴァーガーデンは「庭園」(美しさが際立つエメラルドの意味、ギルベルト少佐の親戚の名字)

つまり、ヴァイオレット・エヴァーガーデンという名前は、エメラルドの意味からできているんです。

さらに、エメラルドはギルベルト少佐の瞳の色も意味していましたよね!

3つの名前がすべてエメラルドの意味で一つになるんです!

  • ヴァイオレット
  • エヴァーガーデン
  • ギルベルト

ヴァイオレットが噛むブローチのエメラルドの意味は、ヴァイオレットとギルベルト少佐が、一つになる意味なのです。

ヴァイオレットがブローチのエメラルドを噛むのは両手が義手だから?

ヴァイオレットがブローチのエメラルドを噛むのは、両手が義手だからとも言えます。

ヴァイオレットがブローチを噛む理由は、ギルベルト少佐を想うことを通して、心の中で感情を処理するためでした。

ヴァイオレットが噛むブローチのエメラルドの色は、少佐の瞳の色と同じなので、ヴァイオレットがブローチを噛む時にギルベルト少佐の存在を、強く想うことができるのです。

でも、義手ではブローチのエメラルドの感覚が肌で感じられない。

だから、ブローチのエメラルドを噛むことで肌で感じようとする。

ヴァイオレットがギルベルト少佐を肌で感じたいと想う時、ブローチを噛むことで肌でギルベルト少佐を感じ、心ではエメラルドの意味でギルベルト少佐とつながれる。

ギルベルト少佐の瞳を想いながら、ヴァイオレットはブローチのエメラルドを噛むことで、心と肌を通してギルベルト少佐と一つになるのです。

ヴァイオレットの義手はブローチをそっと柔らかにつつむように持てます。

ヴァイオレットの義手は、普段は手袋で見えませんがじつは希少な素材でできている。

さらに超高性能な機械でもあるんです。

>>ヴァイオレットの義手の仕組みは??


まとめ

ヴァイオレット・エヴァーガーデンで、ヴァイオレットがブローチを噛む理由はなぜか解説してきました!

なぜかヴァイオレットが噛むブローチの宝石、エメラルドの意味も解説しました!

ヴァイオレットがブローチを噛む理由と、エメラルドの意味はつながっていました!

ヴァイオレットがブローチを噛む理由は、自分の感情がわからなくなった時に、心の中で感情が処理できていないからでした!

ブローチの宝石のエメラルドの意味は「愛」、「庭園」で、ギルベルト少佐の瞳、ヴァイオレット・エヴァーガーデンという名前とつながっていました!

最後までご覧いただきありがとうございました!