アニメ

ヴァイオレットの義手の仕組みと技術の設定は?素材や誰が作ったのかも解説

ヴァイオレットの義手の仕組みと技術の設定は?素材や誰が作ったのかも解説

ヴァイオレットの義手の仕組みと技術の設定はどうなっているのか気になりますよね?

ヴァイオレットの義手の素材、義手は誰が作ったのかも気になる!

実は、ヴァイオレットの義手の仕組みの技術は、あるものを応用した設定になっているんです!

この記事では、ヴァイオレットの義手の仕組みと技術の設定を解説します!

さらに、ヴァイオレットの義手の素材、義手は誰が作ったのかも解説しているので、ぜひ、最後までご覧ください!

 

ヴァイオレットの義手の仕組みと技術の設定は?

ヴァイオレットの義手の仕組みは、筋肉から出る神経を伝達する電気で動く仕組みになっています。

人工の筋肉を使っていて、神経と脳をつなげる電気信号で、義手を動かします。

義手を動かすために、脳からヴァイオレットの意思を電気信号を通して、義手の中に収まっているワイヤーのような線で受け取る。

義手の肘の部分は、針時計の内部に似たような構造になっています。

肘の部分でワイヤーを調整することで、義手の指の動き方を調整する仕組み。

とても細かく、正確に1ミリ単位で、義手の5本(両手で10本)の指の動きを調整できます。

ヴァイオレットの意思した通り、1ミリという細かい動きを、義手はヴァイオレットに提供する。

実際、肘の部分を開けて義手の指の動きを調整しているのは、もう片方のヴァイオレットの義手の指です。

肘の部分を開けて調整する義手の指の動きには、1ミリ単位の動きが必要だと、アニメのシーンでわかります。

これほど高性能な仕組みになっているヴァイオレットの義手ですが、現代の義手でもこれほど高性能な義手を再現しているものはありません。

半導体や電子機器の回路を作っている、世界最先端の工場で稼働しているロボットアームに近い動きを、ヴァイオレットの義手の細やかさはイメージさせます。

また、ヴァイオレットは兵士でもあったので、義手は戦場でも役立つような仕組みになっています。

戦場では人体を超えたパワーを発揮できますし、長期間のミッションを達成するために連続使用に耐える耐久力もある。

戦場での力、ドールとしての細やかなタイピングの動きにも対応できる仕組みをもっているのが、ヴァイオレットの義手なのです。

 

ヴァイオレットの義手の技術はロボットを応用した設定

自動手記人形(ドール)は本来はロボットです。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンでは、盲目となった妻のために、天才科学者が人の声を感知してタイピングするロボットを開発しています。

人の声を感知してタイプするロボットが、自動手記人形(ドール)。

人の声でタイピングできるロボットのドールの技術を応用して、ヴァイオレットの義手は作られています。

ヴァイオレットの義手は、ロボット(ドール)の仕組みを応用して、両腕ともに肩の付近から装着できるように作られています。

義手の指先は他の部分と比較して、より硬質の設計です。

なお、ヴァイオレットがドールとして活躍する時代には、本来のロボット自動手記人形だけがドールではありません。

代筆をする人たちもドールと呼ばれており、ヴァイオレットの義手はロボット(ドール)を応用した技術でしかありませんが、ヴァイオレットを含めてC.H郵便車の同僚(人間)もドールと呼ばれているのです。

 

ヴァイオレットの義手の仕組み誰が作ったのか素材も解説

ヴァイオレットの義手を作ったのは、エスターク社という会社です。

義手の素材は「アマダン銀」。

アマダン銀については、ヴァイオレット・エヴァーガーデンのファンブックに記載してありますが、詳細は不明です。

調査したところ、わかったアマダン銀の特徴です。

  • 産出できる地域は、ごく限られており、希少な鉱物。
  • 鉄よりも硬く極めて高い硬度。
  • 銃弾も弾き返す硬さ。
  • 丈夫。
  • 架空の金属。

アマダン銀を調査したところ、これ以上の特徴は共通した見解を探すことができませんでした。

アマダン銀について、ネット調査したユニークな意見もご紹介します。

  • ヴァイオレットの世界の電信はアダマン銀を使っている。
  • アダマン銀は人の精神を感受して何かしらの信号を出す魔法の金属。
  • アマダン銀は、チタン系合金か、、、比較的高価でも、生体との親和性は良いから。
  • 義手を動かせるのもアマダン銀を通した信号を義手の駆動部に伝えているから。
  • 錆びない金属に違いない。
  • アマダン銀は架空の鉱物だが、実在するアダマントという言葉がモデルなのでは?

以上が、ユニークな見解ですが、なかにはアマダン銀のモデルの予想がありました。

アマダン銀のモデルがアダマントなのでは、という見解を深掘りしていきます!

 

ヴァイオレットの義手の素材のモデル

ヴァイオレットの義手の素材アマダン銀のモデルと言われているのは「アダマント(adamant)」という言葉。

アダマントを日本語では金剛と訳す場合もあります。

アダマントの意味です。

  • ダイアモンドや他の宝石、チタンなど金属を含めて、極めて硬い物質。
  • ギリシア語では、屈服しない、征服されない力をもつ、侵されないという意味。
  • ギリシア神話ではアダマントとされた物質で武器を作っている。
  • 何が硬いものなのかは時代によって変わるのでアダマントとされる物質も変わる。

アダマントの意味からは、アマダン銀とは何か推定できます。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの世界では、神話にも登場するほどの物質「アダマント」だと評価されたものがアマダン銀だったのです。

アマダン銀の強さは銃弾も弾き返す硬さをもち、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの世界では、銃弾を弾き返す硬さがアダマントと言われる。

ヴァイオレットの義手の素材アマダン銀は、神話にも登場するほど硬い物質がモデルとなって作られた、架空の鉱物だったのです。

ヴァイオレットが義手になったのは、ギルベルト少佐と戦闘に参加していた時でした。

ヴァイオレットが両腕をなくしたとき、ギルベルト少佐がのこした「愛してる」。

「愛してる」の意味にはいろいろな意味があります。

>>ヴァイオレットへギルベルト少佐がのこした「愛してる」の意味は??

 

まとめ

ヴァイオレットの義手の仕組みと技術の設定はどうなっているのか解説してきました!

ヴァイオレットの義手の素材、義手は誰が作ったのかも解説してきました!

誰がヴァイオレットの義手を作ったのかは、エスターク社が作っていました!

ヴァイオレットの義手の仕組みの技術は、ロボットを応用した設定になっていました!

ヴァイオレットの義手の仕組みは、肘の部分に針時計の内部に似たような、1ミリ単位で義手の指の動き方を調整できる仕組みになっていました!

ヴァイオレットの義手の技術の設定は、ロボットの自動手記人形(ドール)を応用した技術設定でした!

ヴァイオレットの義手の素材はアマダン銀でした!

最後までご覧いただきありがとうございました!