アニメ

ヴァイオレット愛してる少佐の意味は恋愛感情?原作と違う点は?

ヴァイオレット愛してる少佐の意味は恋愛感情?原作と違う点は?

ヴァイオレット・エヴァーガーデンで「愛してる」と言った、ギルベルト少佐の意味は恋愛感情なのか気になりますよね?

ギルベルト少佐のヴァイオレットへの「愛してる」の意味は、原作とアニメは違うのかも気になる!

原作とアニメで「愛してる」の意味に違う点があるなら、なぜ違うのかも知りたい!

この記事では、ヴァイオレットへのギルベルト少佐の「愛してる」の意味は恋愛感情なのか解説します!

さらに「愛してる」の意味に原作とアニメで違う点があるのかも解説しますので、ぜひ、最後までご覧ください!

ヴァイオレット愛してる少佐の意味は恋愛感情?

ギルベルト少佐がヴァイオレットへ恋愛感情を抱いているのかテレビアニメだけではわかりません。

ギルベルト少佐のヴァイオレットへの恋愛感情が爆発するのは、劇場版です!

劇場版のあらすじでは、ヴァイオレットはギルベルト少佐が生きている島へ渡り、ギルベルト少佐の自宅の扉をノックします。

ギルベルト少佐は「結局、戦争の道具にして両腕をなくさせた」から、会えないと、会話はしても姿を見せずにヴァイオレットを家の中に入れません。

結局、ヴァイオレットはギルベルト少佐へ手紙を書き、ギルベルト少佐との決別を予感しながら、島をフェリーで出発します。

ヴァイオレット愛してる少佐の恋愛感情が爆発

ギルベルト少佐はヴァイオレットの手紙を読むと、感情が爆発し、出発したフェリーにいるヴァイオレットへ向けて「ヴァイオレット!!!」と叫びます。

ヴァイオレットはフェリーから海へ飛び降りて、岸辺でギルベルト少佐と再会。

ギルベルト少佐はヴァイオレットを強く抱き寄せて「ずっとこうしたかったんだ」と、感情を爆発させながら泣いて、ヴァイオレットと抱き合います。

ヴァイオレットはこの後、ドールを辞職して、ギルベルト少佐と島で生活を共にしていくのです。

ヴァイオレットへのギルベルト少佐の恋愛感情の爆発がなければ、ヴァイオレットとギルベルト少佐は再会することなく、決別していたでしょう。

ヴァイオレットは自由に生きることも愛することも、ギルベルト少佐を慕っていたからこそ、手にしており、ギルベルト少佐との決別も、離別する愛などさまざまな愛を知ったからこそ、自由な意思として決めることもできた。

しかし、ギルベルト少佐が恋愛感情を爆発させることで、ヴァイオレットは心から慕っていたギルベルト少佐の「愛してる」に帰還できた。

ギルベルト少佐に恋愛感情とは別の大きな愛があったからこそ、ヴァイオレットは愛と自由を手にでき、結末としてヴァイオレットの愛と自由は、ギルベルト少佐の恋愛感情の「愛してる」のもとに戻ってきたのです。

劇場版でギルベルト少佐の恋愛感情が爆発し、ヴァイオレットへの恋愛感情が露わになるのです!

ヴァイオレット愛してるの意味は恋愛感情だけではない?

劇場版では、ヴァイオレットへのギルベルト少佐の恋愛感情が爆発して生活を共にするまでにストーリーは進みます。

実は劇場版の来場者特典「ギルベルト・ブーゲンビリアと儚い夢(原作者の暁佳奈さんの書き下ろし)」では、ヴァイオレットとギルベルト少佐の結婚式や、結婚後の生活が幸福感とともに紹介されています。

ヴァイオレットへの「愛してる」の意味は、ギルベルト少佐の恋愛感情の意味として、成長したヴァイオレットともに「愛してる」が戻ってきたのですが、結婚して家族愛にも発展したのです。

ヴァイオレットへギルベルト少佐が「愛してる」と言った意味は、どんな意味か考えてしまいますよね。

調べてみると読者、視聴者はこう考えている人がいます。

  • 恋愛感情なの?
  • 家族愛なの?
  • 異性を超えたプラトニックなものなの?

ヴァイオレットへの「愛してる」はギルベルト少佐の恋愛感情だけではありません!

家族愛、プラトニックなものも含めた大きな愛です。

また、ギルベルト少佐の声優の浪川大輔さんは、ヴァイオレットへのギルベルト少佐の愛が異性への愛だけではないことは明らかとコメントしています。

ヴァイオレットは名前もない孤児で、人を慕うということを、ギルベルト少佐の真心と愛情から知ります。

育てられた人から人間は、関係性や愛の大きさを獲得しいていきます。

ギルベルト少佐の愛の大きさがなければ、ヴァイオレットの心に愛も自由もストーリーのようには育たないでしょう。

ヴァイオレットが「知りたいのです!「愛してる」を知りたいのです」と言ったのは、ギルベルト少佐の「愛してる」の意味が知りたかったからでした。

「少佐!」、「少佐!」とストーリーの中でも何度も、心の中で泣き、ギルベルト少佐に再会することを生きる原動力にしていたことが、ギルベルト少佐の愛の中でヴァイオレットは生きていることを物語っています。

ヴァイオレットは、少佐の愛してるの意味を知りたいから、ドールの仕事に打ち込んでいます。

ヴァイオレットは、ストーリーの中でさまざまな愛と出会い、ドールとして愛の代筆を重ねていったことから、さまざまな愛を知ります。

ヴァイオレットがドールとして代筆した愛です。

  • 親の愛。
  • 兄妹の愛。
  • 恋愛。
  • 託された愛(ギルベルトからエヴァーガーデン家、ホッジンズへ)など。
  • 離別する愛。
  • 自己愛。

ヴァイオレットはドールとして、さまざまな愛を理解するようになっていきます。

ヴァイオレットは、心から慕えるギルベルト少佐に育てられたからこそ、さまざまな愛、大きな愛を知れるように育っていた。

ギルベルトとの愛の中で生きていたからこそ、ヴァイオレットはドールとして愛を知ることができた。

ギルベルト少佐が、恋愛感情だけではなく、家族愛や人間としてのプラトニックな愛をもってヴァイオレットを育てたからこそ、ヴァイオレットはさまざまな「愛してる」を知ることができたのです。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、2021年10月29日の金曜ロードーショーで放送され、世界トレンド1位になりました、その原作はこれです!

ヴァイオレット愛してる少佐の意味は原作と違う点ある?

ヴァイオレットへのギルベルト少佐の「愛してる」の意味は原作とアニメでは違う点があります!

  • アニメ:家族愛のように見える感じが強い。
  • 原作:恋愛感情の方が強い。

原作では、ギルベルト少佐はヴァイオレットが最も大切で、家族よりも、どんなことよりも大切で、守りたいのだと気づき「愛している」と伝えています。

アニメでは、家族よりも、どんなことよりも大切で「愛してる」とまでは、ヴァイオレットへギルベルト少佐は口にしません。

アニメと原作ではなぜ「愛してる」の意味に違う点があるのでしょうか?

ヴァイオレット愛してるの意味が原作と違う理由

ヴァイオレット・エヴァーガーデンのアニメは、日本だけでなく海外でも視聴されています。

海外で視聴されるという点に、ヴァイオレットへのギルベルト少佐の「愛してる」の意味が、原作とアニメで違う点があります。

原作では恋愛感情が強いギルベルト少佐の「愛してる」ですが、ヨーロッパやアメリカの倫理観では、少女への恋愛感情は問題視される傾向がある。

ヴァイオレットとギルベルトが出会った時は、ギルベルト25歳、現在はギルベルトは29歳、ヴァイオレットは推定14歳。

歳の差15歳で、ギルベルト少佐は30歳前の立派な大人、ヴァイオレットは14歳の思春期にいる少女であり、ヨーロッパやアメリカの倫理観からは恋愛感情が問題なのです。

原作は日本国内がメインなので、少女への恋愛感情は大きな問題とならなかったのかもしれません。

しかし、ビジネスとしてアニメや劇場版を海外へ輸出することが、企画の初めのころから決まっていたアニメ、劇場版では、海外がメインになるの倫理的な問題があったのです。

ヨーロッパやアメリカでも問題とならないようにするには、家族愛、プラトニックな人間愛を強くする必要が生まれたので、アニメと原作では「愛してる」の意味に違う点があるのです。

アニメでは「愛してる」は、人間愛を讃えるヒューマンドラマの「愛してる」ような演出にしていて、恋愛感情をぼかしている。

原作では、ギルベルト少佐のヴァイオレットへの恋愛感情の葛藤が多くのシーンで描かれており、ストーリーの再構成がされています。

  • 原作:ギルベルト少佐はヴァイオレットの成長を陰から見守り、時にはヴァイオレットを救う。
  • アニメ:ギルベルト少佐は一切、姿を見せずに、ギルベルト少佐の回想がメインで、劇場版を見ないと消息もわからない。

少女への恋愛感情を問題とする傾向のヨーロッパやアメリカの倫理観への対応のため、アニメと原作では、ストーリーが違うものになり、ギルベルト少佐の愛の意味が違うのです。

ギルベルト少佐は、最後の最後でヴァイオレットへの恋愛感情を爆発させました。

ギルベルト少佐と再会するまで、ヴァイオレットの想いは募るばかりで辛い日々。

ギルベルト少佐への想いを爆発させる方法がないと、心は疲れ果ててしまう。

>>ヴァイオレットがギルベルト少佐と一つになる方法は??

まとめ

ヴァイオレット・エヴァーガーデンで「愛してる」と言った、ギルベルト少佐の意味は恋愛感情なのか解説してきました!

ギルベルト少佐のヴァイオレットへの「愛してる」の意味は、原作とアニメで違う点がありました!

原作とアニメで「愛してる」の意味が違うのは、ヨーロッパやアメリカの倫理観にアニメが対応するため原作のストーリーを再構成したからでした!

ヴァイオレットへのギルベルト少佐の「愛してる」の意味は恋愛感情だけではなく、恋愛感情とは別の愛も含まれていました!

「愛してる」の意味は原作では恋愛、アニメでは人間愛の方が強く描かれていました!

最後までご覧いただきありがとうございました!