エンタメ

仙台育英は学費高い?野球部の寮費がいくらかも紹介

仙台育英は学費高い?野球部の寮費がいくらかも紹介

Pocket

毎月の親の収入から考えると、義務教育を終えて、高校に進学する子供の学費が心配ってことありませんか?

特に仙台育英高校のように、野球部の強豪校だと学費の他にも部活動に必要なお金もいくら必要なのか心配です。

自宅から通えないと寮費も必要です。そもそも学費は高いのか。寮費がいくらかも紹介してほしいってことありませんか?

この記事では仙台育英高校を取り上げて、仙台育英の学費は他の高校と比べて高いのか、野球部の寮費はいくらなのか徹底調査して紹介します!

ぜひ最後までご覧ください!


仙台育英は学費高い?

仙台育英は学費高い?野球部の寮費がいくらかも紹介

仙台育英高校のホームページで確認すると、令和3年度(2021年度)の入学時納付金・学納金学費次の通りです。

  • 入 学 金:    50,000円(入学時) 
  • 施設設備費:140,000円(入学時) 
  • 授 業 料:    33,000円(月額)(年額は396,000円)  
  • 設備維持費:    10,000円(月額)(年額は120,000円)
  • 教育運営費(コース別・月額):
     8,000円(秀光・特別進学・情報科学・外国語・英進進学)  
     2,000円(フレックス・技能開発) 
  • 諸会費:4,500円(月額) 

入学金、施設設備費は入学時に必要なので、一時的な支払いです。

上の必要な学費の一覧から見ると、毎月必要なのは授業料、設備維持費、教育運営費、初会費なので合計すると、5万円から6万円毎月必要になります

では、仙台育英に進学した場合に毎月必要な、5万円から6万円は他の高校に比べて高いのでしょうか?

結論から言うと、私立高校の学費は地域や学校法人ごとに異なります。学費が安い地域と高い地域の差は最大約2倍です。

2倍と言うことは、学費が安い地域の3年間の学費は、高い地域の1年半の学費で完済できてしまう。おそろしい格差です。

地域や学校法人によって学費は異なることを踏まえて高校で必要な学費の全国のデータを見ていきます

ではまず、私立高校の学費についてデータを見てみます。

【私立高校の授業料が高い都道府県 TOP5】

1位 大阪府 58万9,214円

2位 長野県 58万6,647円

3位 鹿児島県 55万1,962円

4位 京都府 55万1,915円

5位 奈良県 52万1,250円

 引用 学費が高い県ランキング 第1位は大阪府!【私立高校編】Yahoo!ニュース 2021/6/22 20:26

1位は大阪府です。年額ほぼ60万円。12ヶ月で計算すると、毎月5万円は学費に必要になります。

仙台育英は毎月5万円から6万円です。

このデータからは、全国的にみても仙台育英高校の学費は高いことがわかります。

データをもう1つ見てみます。これは文部科学省が公表しているデータです。 

仙台育英は学費高い?野球部の寮費がいくらかも紹介

文部科学省のデータからは、高校1年生の1年間で必要な学費は、ほぼ75万円だとわかります。仙台育英の場合はどうでしょうか。仙台育英高校の場合は、ほぼ80万円です。

文部科学省のデータからは、仙台育英高校の1年間の学費は、全国平均より10%ほど高いことがわかります。

以上、2つのデータからは、仙台育英高校の学費は高めだと言えます。具体的には、仙台育英高校に入学した場合、1年間に必要な学費は全国平均より10%ほど高いと言えます。

高い学費を安くできる方法はないのでしょうか?

国の「就学支援金」を利用すれば学費は安くなります。

親の年収によって受けられる金額は異なりますが、高校に進学する子供の学費が心配であれば、「就学支援金」を活用しない手はありません!

「就学支援金」を活用して、全国平均より割高の10%の学費を下げ、全国平均の学費にできるかもしれません。


仙台育英の野球部の寮費、野球部に必要な金額がいくらかも紹介

仙台育英は学費高い?野球部の寮費がいくらかも紹介

仙台育英といえば、高校野球で甲子園の常連校ですよね。強豪校となると、部品、遠征費や野球用品などにもお金が必要になってくるのは想像できます。

そこで、野球部に入部した場合、どれだけのお金が必要なのか調べてみました

結論を先に言うと、部費、遠征費、寮費について徹底的にネットで調査しましたが、信頼のおける情報元にたどりつけませんでした。

そもそも、仙台育英の部費、遠征費、寮費については、公開されないようになっているという記事もありました。

ですので、ネットで調べた限りですが仙台育英のように野球の強豪校に入学した場合に、必要となる金額を紹介します。ただし、推測の金額になりますので参考資料としてお役立てください。

部費は、毎月、1万円前後でした。年間12万円ですね。毎月1万円は安いかといえば、決して安くないです。このほか、父母会費なども徴収する強豪校はあるようです。

野球用品には、ユニフォーム、バット、グローブ、スパイクなどがあります。ここにあげた野球用品は1回買ったら、3年間使い続けるかもしれないものもあります。1回限りの購入費用として、物によりますが10万円から20万円を考えておけば揃えることができるでしょう。

遠征費は、県内問わず県外へ泊まりがけで行くことも考えられます。甲子園を想像すると、決勝まで勝ち上がるなら、2週間は泊まることになるのはイメージしやすいでしょう。

OBからも後援があるなど、高校生の未来へお金を投じてくれる方もいると、親の出費は減るようです。

強豪校ともなるとこの後援会の組織はすごいようです。Twitterを見ると寄付金を集める仙台育英の戦略が垣間見れます。

この寄付金集めがこれから仙台育英へ進学する子の親にとっては強力なサポートになります。

ただし、仙台育英のOBになった時のことを考えたら、気が重い人もいるかもしれませんね。Twitterではそういった気が重い人がいるのもわかります。

あなたも地元の小学校、中学校、高校が全国大会に出場するようになったとき、町内会、企業、PTAなどから、遠征に必要なお金を寄付するため募金を求められたことはないですか?

こういった Twitterの感じで思い当たる方もいるかもしれません!

甲子園出場となると、日本高等学校野球連盟からも支援金が出ます。

”全国大会 1校20人(選手18人、責任教師1人、監督1人)を限度とし、1日1人3,000円を補助する”と、開催要項にも記載があります。

仙台育英は学費高い?野球部の寮費がいくらかも紹介
引用 日本高等学校野球連盟ホームページ「第97回大会 開催要項」

最後に、毎月の寮費ですが5万円前後といえます。5万円と言う金額はあくまでも参考になります。

学校がある地域の地価にもよると思いますが、野球部の寮が建っている地域のアパート価格よりも高すぎない価格を推測できます。仙台育英の場合は、他にも寮があるので参考に紹介します。

仙台育英学園指定学生寮「ドーミー」だと、毎月6万円から8.5万円の部屋があります。朝食、夕食込みの寮費です。

「ドーミー」は民間委託になっています。常駐する管理人もいるので人件費などを考えると、地域のアパートよりも割高の可能性も考えられます。

ただし、朝食、夕食込みの寮費だと考えれば割安かもしれません。1食、500円なら朝食、夕食で1,000円。1ヶ月で計算すると3万円が食費です。

家賃という意味では、「ドーミー」の家賃は、3万円から5万5千円です。一般的なアパートの家賃を考えても決して高いとは言い切れない金額といえます。

さらに「ドーミー」の場合、家計の状況に応じて、寮費は毎月5万円ずつに支払いを分割することもできるようにもなっています。

分割払いの金利にもよりますが、どうしても仙台育英の寮で生活するという場合には家計のサポートにもなります。

以上、仙台育英の学費、寮費を徹底調査した結果でした。


まとめ

仙台育英は学費高い?野球部の寮費がいくらかも紹介

ここまで仙台育英は学費高いのか、さらに野球部の寮費がいくらかも徹底調査して紹介してきました。

文部科学省の公開データなど2つのデータからは、仙台育英高校の学費は、全国平均で全日制の高校では高めだと言えます。具体的には、1年間に必要な学費は全国平均より10%ほどの高さです。

野球部の寮費は、仙台育英学園指定学生寮「ドーミー」を参考に、毎月6万円から8.5万円ほどだと考えられます。

具体的に野球部の寮費がいくらなのか信頼できるデータに辿りたどりつけなかったので、参考までの金額としての紹介になりました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!