KPOP

スキズのダンスと歌の上手い順!ラップもランキングで徹底解説!

スキズのダンスと歌の上手い順!ラップもランキングで徹底解説!

スキズは歌やダンス、ラップのレベルが高く、韓国や日本では留まらず、ワールドツアーもするなど、海外でもかなりの人気ぶり!

では、その中でも特に歌やダンスがうまいのは誰でしょうか?

それぞれ、上手い順にランキングにしてみました!

また、なぜそんなに歌やダンス、ラップが上手いのか徹底解説します。

スキズのパフォーマンスの、上手い順番を知りたい方や、その理由が知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

スキズのダンス上手い順ランキング!

まず最初は、ダンスから上手い順に、ランキング発表していきます!

スキズの人気曲『Grrr神메뉴(God’sMenu)』や『ALL IN』では、超キレのあるダンスで、スキズのダンスレベルの高さがわかります。

全員レベルが高いですが、その中でも上手いのは誰なのでしょうか。

ダンスが上手い順のランキングはこちらです!

  1. リノ
  2. ヒョンジン
  3. バンチャン
  4. フィリックス
  5. スンミン
  6. ハン
  7. チャンビン
  8. アイエン

 

ダンスが上手い順の理由はなぜか徹底解説

第1位 リノ

リノは、過去にBTSのバックダンサーをしていたこともあり、今は、スキズのメインダンサーを勤める程のダンスの腕前!!

またリノは、ボディメイクをしているため、体幹がかなり強いです。

なので、重心の低い安定したダンスをします。

ダンスに癖はなく、ベースのダンスに忠実で、毎回綺麗な踊りを見せてくれます。

リノがやはりメンバーの中では、ダンスの上手い順では、1番ではないかと思います。

第2位 ヒョンジン

ヒョンジンもまた、スキズのメインダンサー。

ヒョンジンはとても繊細なダンスをします。

長い手足を生かして、キレがあるダンスをしつつ、柔らかく美しい動きもできるのが、魅力の1つ。

ある番組では、『プロデューサーたちが選ぶ、最もダンスが上手いアイドル』として選ばれるなど、その業界の人からも、お墨付きの実力なんです!

第3位 バンチャン

バンチャンは、メンバーの中でも、運動神経が抜群なので、ダンスの可動域がとても広いです。

練習生の期間が長かったこともあり、ダンスの基本スキルは、誰よりもしっかり身に付いているように思います。

また、筋肉質な体型も魅力的ですが、ダンスでは、それは裏目に出て、緩急のつけ方が甘い時があります。

そこの部分も個性だと思うので、バンチャンのダンスも私は大好きですよ!

第4位 フィリックス

ダンスが上手い順の、1位と2位であるリノとヒョンジンと共に『ダンスラチャ』という、ダンスユニットを組んでいます。

フィリックスのダンスには、カリスマ性があります。

また、力強くキレのあるダンスもします。

その理由は、テコンドーの経験が生かされているからなんです!

2022年に、椎間板ヘルニアの診断を受けましたが、その後、リハビリを経て、回復した姿を見せてくれました。

これからも無理はせず、フィリックスの活躍を応援したいです!

第5位 スンミン

かなりハードなダンスも、難なく踊っているイメージがあるスンミン。

ただ、昔のキレのあるダンスと比べ、少し緩く踊っているように見えてしまう時もあります。

しかし、スンミンはメインボーカルなので、歌に注目してもらう場面で、あえてダンスを緩めに踊っている部分もあるでしょう。

また、メインダンサーより、スンミンのダンスパート自体が、緩く作ってあるというのもありますよね!

第6位 ハン

ハンは、ダンススキルそのものより、そもそも華があり、ダンスをしていても目に入ってくる存在です。

オーディションは、ラップで参加しているので、ダンスを始めたのは、練習生になってからだと思います。

他のメンバーと比較すると、ダンスは劣ってしまうかもしれません。

第7位 チャンビン

チャンビンは、メリハリのあるダンスが特徴的です。

力を抜くところは、しっかり抜いているイメージです。

ただその力を抜くことが理由で、キレキレにダンスするメンバーに比べて、ダンスが弱く見えてしまうかもしれません。

しかし、好みによっては、むしろチャンビンが上手いという意見もあると思います。

第8位 アイエン

最年少メンバーで、サブボーカルを勤めている アイエン。

ダンスの時も、末っ子らしい可愛さしいスマイルが魅力的です。

今回、アイエンは、ダンスの上手い順では、8位になりました。

8位の理由は、アイエンもスンミンのように、ボーカルを主に担当しているためです。

スキズメンバーのダンスの実力が高いだけで、『アイエンのダンスが下手』というわけではありません!

 

スキズの歌上手い順ランキング!

続いて、スキズの歌の上手い順の、ランキングを発表します。

アイドルには、歌のうまさは欠かせないですよね!

さて、スキズの中で歌が上手いのは誰なのでしょうか!?

さっそく歌の上手い順に、ランキングを見ていきましょう。

  1. スンミン
  2. ハン
  3. バンチャン
  4. アイエン
  5. リノ
  6. チャンビン
  7. ヒョンジン
  8. フィリックス

 

歌が上手い順の理由はなぜか徹底解説

第1位 スンミン

美しい歌声の持ち主であるスンミンは、スキズのリードボーカルを担当。

歌唱力が高く、ドラマ『海街チャチャチャ』では、OST『Here Always』を歌っています。

そのドラマとマッチした、優しい歌声に、ネット上では、『プロのOST歌手かと思った!』など、感動する声も上がっています。

グループのメインボーカルにふさわしい歌唱力で、歌が上手い順でも、1番だと思います。

第2位 ハン

基本ラップメインですが、歌唱力も抜群、さらには作詞作曲もできるハン。

オーディションでは、プロデューサーのJ.Y.Parkから、歌声を高く評価されるなど、そこからも、歌の実力の高さがわかります。

第3位 バンチャン

リードボーカルも務めているバンチャン。

メンバーの中で、日本語の発音がかなり良く、日本語バージョンの曲も聞き取りやすいです。

自分の声の性質を、しっかり把握しており、バンちゃんの歌声の良さを最大限に生かして、歌っているように感じます。

第4位 アイエン

アイエンは、サブボーカルを担当しています。

歌唱力の高さでも、多くのファンを魅了しているメンバーです。

その理由は、特に高音が得意で、高い音でも、キツくトゲトゲしくないからです。

滑らかで優しい歌声は、ずっと聞いていたくなります。

第5位 リノ

メインダンサーでありながら、ボーカルとしても、多く活躍しています。

その理由で考えられるのは、歌に癖がなく、歌唱力も高い人気アイドルだからです!

綺麗で、歌に癖がない歌い方なので、万人受けしやすいと思います!

第6位 チャンビン

チャンビンは、音域が非常に広く、2オクターブ程の音域だとか。

音域が広いだけではなく、低音から高音までブレることなく、綺麗に歌いあげます。

声色も多様で、聞いていて飽きがこないチャンビンの歌声は、魅力たっぷりです。

第7位 ヒョンジン

ヒョンジンは、比較的高めの歌を担当していて、中音・高音担当と言えるでしょう!

甘く優しい歌声を持っていて、女性ファンをうっとりとさせてしまいます。

ただ、ボーカル担当ではないため、他のメンバーより、歌の上手い順では、ランキングが下がってしまいました。

第8位 フィリックス

フィリックス は、リードダンサーとサブラッパーを担当しています。

フィリックス もヒョンジン同様に、ボーカルをメインとしていないという理由もあり、歌の上手い順でいうと、8位という結果になりました。

ただ、歌を歌う声とラップの時の声のギャップに、萌えるファンも少なくないはずです!

 

スキズのラップ上手い順ランキング!

最後は、ラップの上手い順にランキングにしました!

最近のアイドルは、ラップパートも多くなっている傾向があります。

スキズもラップパートは多いのです。

ラップの上手い順をみて、誰が上手いのかチェックしてから、曲を聴いてみると、より楽しいかもしれません。

それでは、ラップ部門でのランキングをみていきましょう!

  1. チャンビン
  2. ハン
  3. ヒョンジン
  4. バンチャン
  5. フィリックス
  6. リノ
  7. アイエン&スンミン

 

ラップが上手い順の理由はなぜか徹底解説

第1位 チャンビン

チャンビンのラップの腕前はピカイチで、特に高速ラップを得意としています。

ダークな雰囲気のラップや、高速ラップに強いです。

また作詞作曲も出来る実力者で、アイドル全体のラップが上手い順で見ても、チャンビンは上位に入ること間違いなしです。

第2位 ハン

ハンのラップの実力は、非常に高いです。

ハンもチャンビンと同じで、高速ラップが得意ですが、チャンビンとはまた違った声色でのラップです!

また、過去にはYGの元代表ヤン・ヒョンソクに、ラップについて褒められていました。

ヤンさんは、なかなか褒めることがないので、ハンのラップが上手いことは、ここでも証明できます。

第3位 ヒョンジン

ラップ経験はそれほどなかったようですが、チャンビンからの指導や本人の努力もあり、ラップもかなり上達しました。

今ではメンバーの中でも、上手い順の上位に入ります!

第4位 バンチャン

バンチャンは、ダンスも歌も実力派ですが、なんとラップまで担当できるのです。

チャンビンやハンと比較すると実力の差はかなりありますが、全てを網羅していることがアイドルとしてはかなりの強みです。

第5位 フィリックス

フィリックスは、低音ラップが得意です。

この低音ラップが好きなファンは多いですよね。

特に『Grrr神메뉴(God’sMenu)』のフィリックスのラップは、何度聞いても大好きです!

第6位 リノ

リノは、メインダンサーとサブボーカルもしています。

もちろんラップも担当することもありますが、実力としては他のメンバーより低いため、今回はラップの上手い順の、6位にさせてもらいました!

第7位 アイエン&スンミン

アイエンとスンミン両方7位にさせていただきました。

理由としては、この2人は、ボーカルメインで、ラップパートがほぼないメンバーだからです。

それぞれ担当があるので、ラップをしないメンバーがいることもあります。

以上、ダンス、歌、ラップの上手い順を理由をつけて、ご紹介してきました。

ファンクラブでは歌やダンス、ラップの限定映像も特典で見ることができるかもしれませんね。

ファンクラブにご興味ある方はファンクラブはどっちがいいのか?徹底解説しているので、ぜひご参考にしてください!

 

まとめ

Stray Kids(スキズ)の歌やダンス、ラップの上手い順を、ランキングでご紹介しました。

上手い順にランキングにしましたが、スキズのパフォーマンスは、本当に全員レベルが高いです!

一見、MVを見ても歌やダンス、ラップも差がなく、『誰が上手いの?』と疑問に思った方がいるかもしれません。

その全体のパフォーマンスの高さは、日々のメンバーの努力のおかげだと思います!

世界的に、どんどん人気が高まっているStray Kids。

これからもスキズが世界で大活躍する姿を、一緒にSTAY(ステイ)として応援しましょう!